ラヴェル

シューマン

仙台フィル “つながれ心 つながれ力 がんばれ仙台フィル”

僕が応援する楽天イーグルス(東北楽天ゴールデンイーグルス)の2014年は背筋がぞくぞくするような興奮を覚えた年でした。震災から3年目。故星野監督のもと、エース田中将大投手を主軸にパ・リーグを制し、日本シリーズでジャイアンツを破り、初の日本一になったのです。
ラヴェル

アシュケナージと木嶋真優とNHK交響楽団とラヴェルと

僕がクラシックを聴き始めた1970年時点で若手と言われていたアバド、小澤、アルゲリッチ、ポリーニ、そしてアシュケナージという人たちも既に70代後半から80代になり、アバドのように鬼籍に入られた方もいます。時の流れは残酷ですね。中学生だった僕も今や定年退職者です。
ラヴェル

フランツ・ウェルザー=メスト ヴェルサイユ平和コンサート

フランツ・ウェルザー=メストの名前は以前より知っていましたが、最初に聴いたCDは、ロンドンフィルとのメンデルスゾーンの交響曲でした。ロンドンフィルとの録音ということで、まだ30代の時の録音と思われますが、特に第4番『イタリア』が名演。愁を感じさせる第3楽章が最高です。
ラヴェル

ラヴェル管弦楽曲集 エルネスト・ブール&南西ドイツ放送響

ブールは、ロスバウトの後任として、南西ドイツ放送響の黄金時代を引き継ぎました。母国フランスの近代音楽を振った録音が、その演奏の特徴を良く示しています。ブールのラヴエルは、過度の色彩を避け、その代わりに極限の緻密さで、 スコアのどの音も明瞭に際立たせるスタイルです。
タイトルとURLをコピーしました