J・S・バッハ

J・S・バッハ

ヴァルヒャ バッハ ゴルゴベルク変奏曲

こんにちは、 ともやんです。 タワーレコードで、4月2日からキャンペーンとしてワーナークラシックスのCDセット107タイトルがお得な価格で出ています。 僕が好きなフルトヴェングラーのベートーヴェンとブラームスの交響曲全集やクレ...
J・S・バッハ

グリュミオー バッハ ヴァイオリン協奏曲集 1978年&1964年

こんにちは、 ともやんです。 今年2021年は、ベルギー出身の名ヴァイオリニスト、アルテュール・グリュミオー(1921-1986)の生誕100年にして没後35年の年です。 この機会に"フランコ=ベルギー派"の継承者として流麗な...
J・S・バッハ

バッハ ヴァイオリン協奏曲集 佐藤俊介&イル・ポモ・ドーロ

こんにちは。 ともやんです。 ヴァイオリニスト佐藤俊介。 1984年(昭和59年)東京生まれ、ということは今年34歳。 新進気鋭のと書こうと思い、経歴を見ると、とんでもない人です! ※CDのブックレットより ...
グールド

グレン・グールド 若き日のバッハ 不思議なピアニスト

こんにちは、 ともやんです。 いまから60年以上前の古い録音です。 当時、グレン・グールドは、25歳。カナダの新進気鋭のピアニストとして注目されていました。 そんなグールドと当時まだ30代だったバーンスタインの共演したヨハン...
J・S・バッハ

藤原真理 バッハ 無伴奏チェロ組曲 おすすめ

こんにちは、 ともやんです。 小学生の時、叔父の家に遊びに行き、そこで見つけたヤーノシュ・シュタルケルという強面のLPがあって、そこから流れるチェロの音色にうっとりしたものです。 それが初めてのヨハン・セバスティアン・バッハの無伴...
リスト

ヨウラ・ギュラーの芸術 伝説のピアニスト

こんにちは、 ともやんです。 ヨウラ・ギュラー(1895-1980)。名前の表示に関しては、ヨーラ、ユウラ、ユーラなどが観られます。 幻のピアニストでいうことで、僕もその名前は初めて聴きました。 1895年生まれということは...
J・S・バッハ

バッハ ブランデンブルク協奏曲 ゲーベルが決定盤

こんにちわ、 ともやんです。 小学生の時、母親の実家の叔父の部屋に妹と遊びに行ったことがある。 平日の午後なので、誰もいない母親の実家。 叔父の部屋は、2階にあり、そこは小学生に取っては宝物の宝庫でした。 当時叔父は、...
アバド

アバドの名盤 モーツァルト管弦楽団とのCDトップ5

こんにちは、 ともやんです。 クラウディオ・アバドは、僕の中ではいまいちの評価です。 特にベルリンフィルの首席指揮者になってからは、今一つの自己主張がないというか、個性に乏しいような気がします。 若手の頃のロンドン響やウィー...
J・S・バッハ

紀尾井ホール室内管弦楽団 J・S・バッハ ゴルトベルク変奏曲

こんにちは、 ともやんです。 昨年の3月、紀尾井ホールで聴いたコンサートは、素敵なものでした。 ヴァイオリニスト川久保賜紀さんとピアニスト小菅優さんによる、ブラームスのヴァイオリンソナタ三曲でした。 紀尾井ホールは、...
ガーディナー

ガーディナー バッハ ブランデンブルク協奏曲 これはバロックかジャズか

こんにちは。 ともやんです。 マイルス・デイヴィスの後期のアルバム『ビチェズ・ブリュー』や『ゲット・アップ・ウィズ・イット』などは、デイヴィスのトランペットは、あまり登場しない。 でもアルバムは、マイルス・デイヴィスを感じさせ...
タイトルとURLをコピーしました