J・S・バッハ

アバド

アバドの名盤 モーツァルト管弦楽団とのCDトップ5

こんにちは、 ともやんです。 クラウディオ・アバドは、僕の中ではいまいちの評価です。 特にベルリンフィルの首席指揮者になってからは、今一つの自己主張がないというか、個性に乏しいような気がします。 若手の頃のロ...
J・S・バッハ

紀尾井ホール室内管弦楽団 J・S・バッハ ゴルトベルク変奏曲

昨年の3月、紀尾井ホールで聴いたコンサートは、素敵なものでした。ヴァイオリニスト川久保賜紀さんとピアニスト小菅優さんによる、ブラームスのヴァイオリンソナタ三曲でした。 紀尾井ホールは、目の前には、ホテル・ニューオータニがあり、四ツ谷駅からの途中には、上智大学もある閑静で、気品が漂うエリア。
ガーディナー

ガーディナー バッハ ブランデンブルク協奏曲 これはバロックかジャズか

マイルス・デイヴィスの後期のアルバム『ビチェズ・ブリュー』や『ゲット・アップ・ウィズ・イット』などは、デイヴィスのトランペットは、あまり登場しない。でもアルバムは、マイルス・デイヴィスを感じさせる。では、これはジャズか?と問われると僕は首を傾げて、「音楽ですね」と答えるでしょう。
アーノンクール

ホーレンシュタイン ブランデンブルク協奏曲 古楽器演奏の胎動を聴け!

ヤッシャ・ホーレンシュタインが、1954年にウイーン交響楽団の室内楽メンバーと録音したJ・S・バッハの名曲ブランデンブルク協奏曲です。この演奏には、当時まだ20代でウイーン交響楽団の首席チェリストを務めていたニコラウス・アーノンクールも参加しています。
ショスタコービッチ

2019年度 レコードアカデミー賞大賞 by 音楽之友社

こんにちは。 ともやんです。 今年も気が付くと既に12月でしかもあと20日ほどで、2020年に入ります。 今アルバイトしている仕事先は、ショッピングセンターに入っているので、11月の半ばころから館内ではクリスマスの音楽...
イザベラ・ファウスト

バッハのヴァイオリン協奏曲 ファウスト&ベルリン古楽アカデミー

こんにちは。 ともやんです。 僕は、バッハのヴァイオリン協奏曲が大好きです。 そしてそれらは、思い出深い曲でもあります。 今回、バッハのヴァイオリン協奏曲集を中心に収録した素晴らしいCDと出会ったのでご案...
J・S・バッハ

パブロ・カザルスの名盤 バッハ無伴奏チェロ組曲

こんにちは、 ともやんです。 パブロ・カザルス(1876-1973)は、20世紀前半のもっとも偉大な音楽家の一人です。 しかもチェリストとしての音楽家の枠に留まることなく、人類の愛と世界の平和を説いて、人間としてあるべき姿...
ベートーヴェン

バッハ オルガン名曲集 独奏 ヘルムート・ヴァルヒャ

こんにちは。 ともやんです。 ヘルムート・ヴァルヒャのオルガン独奏で、「Bach: Organ Works」というCD10枚組を持っています。 ↓ 何度も聴き通そうと試みましたが、途中で挫折しています。 ...
ミュラー=ブリュール

バッハ ミサ曲ロ短調 ヘルムート・ミュラー=ブリュールの名演で

こんにちは。 ともやんです。 ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)が作曲した宗教曲は数限りないほどあります。 その中でも規模の大きさ、内容の充実度からはミサ曲ロ短調です。 ミサ曲ロ短調...
モーツァルト

クレンペラー&ウィーンフィル 68年5月ライヴよりバッハ、モーツァルト

こんにちは。 ともやんです。 クレンペラー&ウィーンフィルのライヴ演奏のステレオ録音が、TESTAMENTから出ています。 これは1968年のウィーン芸術週間全5週間に渡る録音で、全て傾聴すべき名演ばかりで...
タイトルとURLをコピーしました