作曲家

クリュイタンス

クリュイタンス ベートーヴェン交響曲全集はドイツとフランスの融合

こんにちは。 ともやんです。 クリュイタンスだから出来たドイツとフランスの融合なんて、勝手なタイトルを付けました。 聞く人が聞いたら笑うかもしれないけど、僕にはそう思えて仕方ないのです。 クリュイタンスは、1905年...
モンポウ

フェデリコ・モンポウ 自作自演で内面と語り合った名盤

こんにちは。 ともやんです。 フェデリコ・モンポウ(1893-1987)は、スペインの作曲家。 父親はカタルーニャ人の鐘造りの職人で、母親はフランス人でした。 おばからピアノの手解きを受けました。 15歳のとき始めてピアノの公開演...
シュミット=イッセルシュテット

シュミット=イッセルシュテット ベートーヴェン交響曲第9番

こんにちは、 ともやんです。 日本の年末の風物詩は第九のコンサートです。 僕は、何回も聴きに行きましたし、自分自身も何度かステージで歌ったものです。 ここ2年は、12月31日に「ベートーヴェンは凄い」と題されたベートーヴェン...
カラヤン

カラヤン&ベルリンフィル ブルックナー交響曲第4番”ロマンティック” 怒涛の凄演

こんにちは。 ともやんです。 僕が、初めてブルックナーのLPを買ったのが、高校1年になる前でした。 カラヤン指揮ベルリンフィルの最新録音だったと思います。 当時のLPは高く3,000円ほどしていました。 50年近く前の...
クレンペラー

クレンペラー マーラー交響曲第2番”復活” 壮絶ライブ ’63年ウィーン

こんにちは。 ともやんです。 グスタフ・マーラー(1860-1911) 交響曲第2番 ハ短調 「復活」 オットー・クレンペラー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団 ガリーナ・ヴィシネフスカヤ(Galina Vishnevskaya...
モーツァルト

モーツァルトのレクイエム ペーター・ノイマンの名演

こんにちは。 ともやんです。 もう16、7年前になるでしょうか。 僕は、ある合唱団に入って、モーツァルトのレクイエムを歌いました。 それ以来、この曲は大好きです。 モーツァルトにしては重いといって、嫌う人もいますが、僕...
ブラームス

ヴァント ブラームス交響曲全集より 80年代の名演名盤

こんにちは。 ともやんです。 ギュンター・ヴァントが、神格化されたのは、90年代になってからですが、それよりも数年前の83年の手兵北ドイツ放送響とのブラームス。 神格化される前といってもヴァントはすでに70代。 大器晩成...
ブラームス

ヨッフム&ロンドンフィルのブラームス交響曲 老いても熱き魂

こんにちは。 ともやんです。 ブラームス(1833-1897) 交響曲第1番 ハ短調 作品68 オイゲン・ヨッフム指揮 ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団 1976年6月~9月録音 【SACDハイ...
ヘンデル

クレンペラーの名盤 ヘンデル「メサイア」 霊峰富士を仰ぎ見る

こんにちは。 ともやんです。 ゲオルグ・フリードリッヒ・ヘンデル(1685-1759) オラトリオ「メサイア」 オットー・クレンペラー指揮 エリザベス・シュワルツコップ(ソプラノ) グレース・ホフマン(アルト) ニ...
ブラームス

ショルティ&シカゴ響 ブラームス交響曲全集より 忘れられた名盤

こんにちは。 ともやんです。 僕が割とコンサートに通っていた1980年は、ショルティ&シカゴ響は、ひとつのブランドでした。 友人と、ショルティ&シカゴ響か小澤&ボストン響は、一度は聴きたいね、と話していたほどです。 その...
タイトルとURLをコピーしました