アバド

アバド

アバドの名盤 モーツァルト管弦楽団とのCDトップ5

こんにちは、 ともやんです。 クラウディオ・アバドは、僕の中ではいまいちの評価です。 特にベルリンフィルの首席指揮者になってからは、今一つの自己主張がないというか、個性に乏しいような気がします。 若手の頃のロ...
アバド

アバド&ウィーンフィル ベートーヴェン交響曲第2番&第5番 西ドイツ盤

僕の推測ですが、共に西ドイツ盤というのがポイントだと思います。ドイツが統一されたのが1990年10月3日。そしてアバド盤が録音されたのが87年、バーンスタイン盤が83年。多分リリースされたのが、それから数ヵ月から1年ほど後でしょうから、西ドイツ盤としてプレスされた数が少なく希少盤としての扱われたのだと思うのです。
アバド

アバド 名盤 ベートーヴェン交響曲第6番”田園”

クラウディオ・アバド(1933-2013)は、ベートーヴェンの交響曲全集を2回録音しています。1回目は、80年代のウィーンフィルと2回目が21世紀になってからベルリンフィルとです。僕は、断然ウィーンフィル盤が好きです。なんと言ってもウィーンフィルのコクのなる響きと。。。
アバド

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番&第2番 おすすめ

さて、今日は、ピアノ協奏曲第3番です。ハ短調という調性がベートーヴェンらしいですね。あの超有名な第5交響曲"運命"の調性ですし、ピアノソナタ第8番"悲愴"や弦楽四重奏曲第4番、ヴァイオリンソナタ第7番にも使わています。 ベートーヴェンの青年期から壮年期に掛けて、悲劇的な表現をするためによく使った、調性です。
アバド

ビゼー アルルの女組曲&カルメン組曲 アバド&ロンドン交響楽団

こんにちは。 ともやんです。 ジョルジュ・ビゼーは、1838年10月25日にパリで生まれ、1875年6月3日パリの近郊ブージヴァルで亡くなりました。 享年36歳の若さでした。 彼の父親は音楽教師で、ビゼー...
アバド

クラウディオ・アバドの名盤 メンデルスゾーン交響曲第3番&第4番

おはようございます。 ともやんです。 僕が初めて世界的な指揮者のコンサートに行ったのは、1973年3月のことでした。 当時、中学3年生、と言ってもあと数日で高校生になるころでした。 なんとウィーンフィ...
アバド

クラウディオ・アバドの名盤 メンデルスゾーン交響曲第3番&第4番

こんにちは。 ともやんです。 僕が初めて世界的な指揮者のコンサートに行ったのは、1973年3月のことでした。 当時、中学3年生、と言ってもあと数日で高校生になるころでした。 なんとウィーンフィルハーモ...
アバド

アバド モーツァルト管弦楽団 シューベルト交響曲第9番

クラウディオ・アバドが、自分で結成したモーツァルト管弦楽団を振ったシューベルトの交響曲第9番「ザ・グレート」の2011年のライヴ演奏をご案内します。 ↓ シューベルト:交響曲第9番「ザ・グレート」(モーツァルト管/アバド) ...
アバド

アバド ベートーヴェン交響曲全集 新旧聴き比べ ウィーンか?ベルリンか?

クラウディオ・アバドは、 僕が初めて海外のメジャーオーケストラ、 指揮者と接した最初の人でした。 僕が中学3年生の時に なんとウィーンフィルハーモニーが 北陸・富山市にやってきたのです。 当時中学生で、寝...
アバド

アバドの名盤 ブルックナー1番 ルツェルン音楽祭 2012年

クラウディオ・アバド(1933-2014)は、 僕が初めて目の前で聴いた世界的指揮者です。 1973年春に僕の住む地方都市富山に アバド率いるウィーンフィルハーモニー管弦楽団がやってきました。 ちょう...
タイトルとURLをコピーしました