ショルティ

ショルティ

ショルティ ハイドン交響曲 抑制の効いた格調高い演奏

ショルティ&シカゴ響の演奏は、いまひとつ好きになれませんでした。聴くとそれなりにいいとは思うのですが、なんかマジンガーZ的な機械的にカクカクする感じがあるからです。しかし、ロンドンフィルと録音したハイドンはいいです。
ショルティ

ショルティ ベートーヴェン交響曲全集より”英雄” 悪くない

こんにちは、 ともやんです。 ハンガリー出身の名指揮者ゲオルグ・ショルティ(1912-1997)は、1969~91年までシカゴ交響楽団の音楽監督を務めました。 その間この楽団と2回ベートーヴェンの交響曲全集を録音しまし...
ショルティ

ショルティの名盤 ヘンデル“メサイア” キリ・テ・カナワの名唱

昭和初期から戦後の音楽評論家、野村胡堂こと野村あらえびすは、生前、ヘンデル「メサイア」をことのほか愛し、夭折した長男の死を悼み、東京大学の25番教室で、『メサイア』全曲(SP18枚)学生たちに聴かせたことがあります。 学生の中...
ショルティ

ショルティの名盤 ウィーンフィルとだから最高のベートーヴェン

ショルティは、あまり馴染みのない指揮者です。 つまりショルティのCD(LPなどの音楽ソフト含む)を 聴かない、持たない、借りないのです。 かと言ってショルティを嫌っているわけではありません。 僕が若い...
ショルティ

ショルティのマーラー第9番 精緻な演奏から思いがけない感動が

先日、僕が所属している合唱団の有志で、 僕の入団の歓迎会をしてくれました。 指導の先生も加わり、男性8人で細やかですが、楽しい会でした。 皆さん、僕より年配ですが、合唱されているだけで若いですし、 何より、音楽が...
タイトルとURLをコピーしました