モントゥー

ハイドン

モントゥー&ウィーンフィル ハイドン交響”驚愕” “時計”

フランス人ながら、ブラームスを得意とし、晩年のブラームスの前で演奏をしたことを終生の誇りとしていたそうです。また、1911年からディアギレフのロシア・バレエ団で指揮を担当し、ストラヴィンスキーの『春の祭典』、『ペトルーシュカ』など20世紀のバレエ音楽の初演も振りました。
タイトルとURLをコピーしました