器楽曲

デュメイ

デュメイ&関西フィル ブラームスセレナード第1番、他

今回、初めてデュメイの指揮関西フィルとのブラームスのセレナードを聴きましたが、こんなに潤いのある曲なんだという改めて曲の魅力にも気づきました。関西フィルの録音は、初めて聴いたのですが、その弦の美しさは格別です。1970年ヴィエール室内管弦楽団として発足したので、今年で創立50周年ということです。
カーゾン

カーゾン&クーベリック モーツァルトピアノ協奏曲第21&24番

素晴らしいCDや録音に出会うパターンとしては、僕の場合2通りあります。ひとつめは、音楽雑誌や名盤を紹介する書籍から。ふたつめは、イモずる式。つまり感銘深い録音、CDで出会って、その音楽家の他の録音や共演者などをたどっていく方法。どちらの方法も半々で利用しています。
モーツァルト

内田光子 モーツァルト ピアノ協奏曲第20番&27番は深い

内田光子さんは、日本を代表するピアニストです。もう長くロンドンにお住まいで英国籍を取られています。僕は、1度だけ内田光子さんをお見掛けしたことがあります。もう20数年前だと思いますが、今は無くなった六本木の青山ブックセンターで、お一人で本を探しておられました。
グールド

ベートーヴェン ピアノ協奏曲のLP グレン・グールド

青山一丁目にカナダ大使館がありますが、そこに図書室があり、僕は縁があってそこの会員証を持っています。そこの図書室には、グールド関連の書籍やCDがたくさんあり、やはりグールドは、カナダが生んだ偉大な芸術家なんだなって、改めて思ったものです。
テツラフ

テツラフ&ティチアーティ ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲

現代最高のヴァイオリニストの一人クリスティアン・テツラフと、「もっともエキサイティングな指揮者」ロビン・ティチアーティ。注目の2人が奏でるベートーヴェンとシベリウスのヴァイオリン協奏曲が登場。テツラフにとっては、3度目の録音でまさに2020年のベートーヴェン・イヤーへの贈り物。
クレーメル

ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 おすすめ 5選

こんにちは、 ともやんです。 現代、演奏会やCDで一番人気と実力を兼ね備えたヴァイオリン協奏曲と言えば、多くの方は、ベートーヴェンかブラームスを挙げるのではないでしょうか? ただ僕個人の好みとしては、チャイコフ...
クリップス

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番”皇帝” おすすめ 5選

こんにちは、 ともやんです。 クラシック音楽界の音楽家たちには一般の人からみて奇人、変人が多いように感じます。 また恋愛事情もなかなかお盛んなようです。 歴代に名指揮者やソリストとの艶聞も多く聞かれる世界です...
アバド

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番&第2番 おすすめ

さて、今日は、ピアノ協奏曲第3番です。ハ短調という調性がベートーヴェンらしいですね。あの超有名な第5交響曲"運命"の調性ですし、ピアノソナタ第8番"悲愴"や弦楽四重奏曲第4番、ヴァイオリンソナタ第7番にも使わています。 ベートーヴェンの青年期から壮年期に掛けて、悲劇的な表現をするためによく使った、調性です。
アルゲリッチ

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番&第2番 おすすめ

プレトニョフのCDで、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番と第2番が、一気に好きになってしまいました。そこでここ数日、この曲をいろんなCDで聴いてみました。特に第1番の第1楽章には惹かれます。厚みと迫力のある序奏部が終わり、ピアノが語りだすように始まるシーンが堪りません。
アリス=紗良・オット

アリス=紗良・オット ショパン・プロジェクトを聴く

こんにちは。 ともやんです。 僕は、以前からアマチュアや学生の吹奏楽やオーケストラなどのコンサートに良く出かけていました。 料金が安いのが魅力ですが、演奏もなかなかのものです。 例えば、大学生の吹奏楽など...
タイトルとURLをコピーしました