メルマガ登録

アバド ベートーヴェン交響曲全集 新旧聴き比べ ウィーンか?ベルリンか?

アバド

クラウディオ・アバドは、
僕が初めて海外のメジャーオーケストラ、
指揮者と接した最初の人でした。

 

僕が中学3年生の時に
なんとウィーンフィルハーモニーが
北陸・富山市にやってきたのです。

 

当時中学生で、寝ても覚めてもクラシック音楽大好きの僕は、
どうやってチケット代を工面したか全く憶えていませんが、

とにかく小遣いをはたいて、チケットを購入し当時の富山市公会堂に行きました。

 




クラウディオ・アバドとウィーンフィル 確かに田園だったはず

 

曲目は、ベートーヴェンの田園、他(田園しか憶えていない)

演奏はもちろんウィーンフィルハーモニー管弦楽団。

 

そして指揮者は、若き日のクラウディオ・アバド。

アバドは、1933年(昭和8年生まれ)なので当時39歳。

因みに私の父親と同い年。

 

 

さて、ここまで書いて、僕はネットでウィーンフィルの来日記録を調べてみました。

 

さすがですね、こんなサイト、誰が作っているんだろう、ちゃんとありますね。

 

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団来日公演記録

1973年来日の記録

サービス終了のお知らせ

 

富山市公演は、1973年3月24日となっています。

 

中学3年生といっても、あと1週間で高校生になる時期です。

ところが、ここで不思議なのはプログラムがベートーヴェンの英雄になっているところです。

あれ?確か田園だったと思っていたけどなぁ・・・

 

私の記憶違い?それとも急遽変更?それともサイト制作者の間違い?

 

クラウディオ・アバド資料館

 

Claudio Abbado Shiryokan - Wiener Philharmoniker

 

ここでも英雄になっています。

やばい私の分が悪いぞ。

結局自分を信じるしかないな。。。

 




スポンサーリンク

クラウディオ・アバドの名盤 ウィーンフィルとベルリンフィルのベートーヴェン

 

さて、クラウディオ・アバド指揮ベルリンフィルハーモニーのベートーヴェン。

 

評論家・福島章恭氏は、軽く、淡く、まるでソーダ水のようなベートーヴェン、

とこき下ろしています。

 

僕は以前、ウィーンフィルとの全集から、第5を聴いて、

生々しい演奏で、なかなかいいなと思ったのですが、

ベルリンフィルはどうなんでしょうか?

 

これは聴くしかないと、なんとウィーンフィルとベルリンフィルとの
両方の全集を買ってしまいました。

 



まとめ

 

僕が敬愛する音楽評論家、宇野功芳氏にしろ、福島章恭氏にしろ、
アバドのCDに対しては、評価は低いです。

 

ただ、僕は依然聴いたウィーンフィルを指揮した充実した演奏が忘れられません。

 

結局楽しむのは自分なので、人に意見を鵜呑みにしないで、

しっかり聴いて、改めてレビューします。




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました