メルマガ登録

ハイティンクのブルックナー コンセルトヘボウ管との名盤 90歳記念

ハイティンク

ベルナルト・ハイティンクは、

1929年3月4日、アムステルダム生まれですので、
もうあと1ヵ月ちょっとで90歳になります。

 

現役では、ブロムシュテット(1927年生まれ)に

次いでの長老指揮者です。

 

先日、ハイティンクの指揮、ロンドン交響楽団で、
ベートーヴェンの『英雄』を聴いて感銘を受けました。

 

そこで、この3月20日にハイティンクの90歳記念盤として
発売される、ブルックナーの交響曲全集を聴いてみました。

 




ハイティンクの名盤 スタンダートなブルックナー交響曲全集

 

 

第1番、第3番、第4番、第7番、第8番を

ちょっとずつ聴いてみました。

 

一番古い録音が、1963年ですので、

ハイティンクもまだ34歳。

 

当時は、オイゲン・ヨッフムが、指導役というかサポート役というか、
若いハイティンクの盛り上げ役としていたので、

 

目の前に世界最高のブルックナー指揮者がいたわけですから、
ブルックナーに関しては、かなり良い吸収が出来たのではないかと思います。

 

また、オーケストラもヨッフムの指揮で何度も演奏したでしょうから、
ブルックナーはお手の物で、得意なレパートリーだったことは容易に想像できます。

 

コンセルトヘボウの豊潤な響きと、ハイティンクのインテンポで進める演奏は、
ブルックナーの世界にどっぷりと浸るには最高の演奏です。

 

この全集は、手に入れて損はないです。

 

【曲目】
ブルックナー:交響曲

《CD 1》
第0番
[録音]1966年 /

《CD 2》
第1番(リンツ版)
[録音]1972年 /

《CD 3》
第2番(ハース版)
[録音]1969年 /

《CD 4》第3番(1887年版)
[録音]1963年 /

《CD 5》
第4番『ロマンティック』(ハース版)
[録音]1965年 /

《CD 6》
第5番
[録音]1971年 /

《CD 7》
第6番(1881年原典版)
[録音]1970年 /

スポンサーリンク

《CD 8》
1) 第7番、
2) テ・デウム
[演奏]
エリー・アーメリング(ソプラノ)、
アンナ・レイノルズ(メッゾ・ソプラノ)、
ホルスト・ホフマン(テノール)、
Guus Hoekman(バス)、
オランダ放送合唱団(2)
[録音]
1966年 /

《CD 9》
第8番(ハース版)
[録音]
1969年 /

《CD 10》
第9番
[録音]1965年

《BDA》
交響曲第0番-第9番、
テ・デウム

【演奏】
ベルナルト・ハイティンク(指揮)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ

 

ブルックナー: 交響曲全集、テ・デウム [10CD+Blu-ray Audio] ベルナルト・ハイティンク 、 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

 

ハイティンク生誕90周年記念。CD10枚組+BDオーディオ
ユニバーサル・ミュージック

 

 



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました