クレンペラー

クレンペラーの名盤 ベートーヴェン交響曲第5番&第7番 地響き立てる迫力

20世紀が生んだ、歴史的な巨匠、オットー・クレンペラーは、第2二次世界大戦の中、ユダヤ人ということで、多くの音楽家が不運だったようにその働き盛りを不遇に送らなければなりませんでした。しかも逃避先で大きな怪我をしたり、大病を患ったりして、数々の苦難に遭遇した人でもあります。
ティントナー

ティントナーの名盤 ブルックナー交響曲第4番 神がかりの美しさ

晩年に録音したブルックナーの交響曲全集により、ティントナーの名前は永遠に残るでしょう。世代的にいうとバーンスタイン、クーベリック、ジュリーニが同世代。ショルティ、ザンデルリンクが5歳上で、ケーゲルが3歳下。その人生は、若き日にナチスドイツに迫害され、最後にようやくたどり着いた境地は・・・
ブラームス

アーベントロート ブラームス交響曲第1番 ファン待望の爆演!

ヘルマン・アーベントロート(1883~1956)ドイツの名指揮者で第二次大戦後は東ドイツに住んでいたため、存命中は日本ではあまり知られていなかったようです。でも、ドイツ・シャルプラッテン・レーベルの数多くの録音が紹介されるようになってから人間味あふれる演奏が人気を博していました。
ショパン

仲道郁代 ショパン ワルツ 19世紀プレイエル

こんにちわ、 ともやんです。 仲道郁代は、1963年(昭和38年)仙台市生まれ、浜松市育ちの女流ピアニストです。 僕より6つ年下でそのチャーミングな容姿から、僕はかなり前から注目していました。 浜松の小学生の頃から頭角を...
ブラームス

ブラームス 交響曲第3番 シュミット=イッセルシュテットの名演

シュミット=イッセルシュテットの指揮は何もしていないのに内容が充実している、つまり質実剛健な演奏がその真髄だと思います。 これ見よがしの大芝居も大げさな表現もないけど、隅々まで心を通わせて、ああいい曲だな、いい演奏だな、と聴き終わったあとに必ず感銘を与えてくれます。
シュミット=イッセルシュテット

イッセルシュテット ブルックナー交響曲第4番”ロマンティック”

こんにちは、 ともやんです。 その実力の割には、日本での評価はいまいちという指揮者に、 ドイツの名匠ハンス・シュミット=イッセルシュテット(1900-1973)がいます。 少し前の巨匠たちに比べても、後輩のギュンター・ヴァン...
ブラームス

ヴァントの名盤 ブラームス交響曲3番の官能性と3種類の全集

こんにちは、 ともやんです。 ギュンター・ヴァントが神格化されたのは、80年代も終わろうとすることから90年代に掛けてでしょう。 当時、ギュンター・ヴァントと朝比奈隆が最後の巨匠と言われていました。 朝比奈が2001年に...
クレンペラー

クレンペラー ブラームス交響曲第1番 鬼気迫るSP時代の名演

こんにちは。 ともやんです。 オットー・クレンペラー(1885-1973)は、 ドイツが生んだ20世紀の大指揮者です。 50年代から亡くなるまで、 フィルハーモニアとのセッションでの膨大な録音が...
ブルックナー

ティントナーのブルックナー1番 魂の名演 人生捨てたもんじゃない

こんにちは。 ともやんです。 1920年代以前のヨーロッパで生まれ、 しかもにユダヤ系の家庭に生まれたばかりに 音楽家を志しながら、 ナチスの台頭に多くの人が人生を大きく狂わされ、 と...
ブラームス

ブラームスのドイツ・レクイエム クレンペラーのシリアスな秀演で

こんにちは。 ともやんです。 僕は、ブラームスが好きです。 どうしてかわかりませんが、ぼく自身の性格とブラームスの性格が 似ているからと勝手に考えています。 ブラームスは、北ドイツのハンブル...
タイトルとURLをコピーしました