ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第3番変ホ長調『英雄』作品55 交響曲全集より フランツ・コンビチュニー指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 1959年~61全集録音   コンビチュニーの英雄を聴くと、気は優しくて力持ちという英雄像を連想します。 遅めのテンポでの確かな足取りがそう思わせるのでしょうか。   四文字熟語だと、質実剛健にして気宇雄大がぴったりで…

  • 人気ブログランキング

クラシック名盤 ケンペのブルックナー第4番

目安時間:約 3分

アントン・ブルックナー(1824-1896) 交響曲第4番ホ長調「ロマンティック」(1878/80年版) ルドルフ・ケンペ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 1976年1月18日~20日録音   ケンペは、1910年ドレスデン近くの生まれで、76年まだ66才の働き盛りで急死していますから、この録音は、おそらくケンペ最後の録音の一つでしょう。   このLPのライナーノーツ…

  • 人気ブログランキング

ヨハネス・ブラームス(1833-1897) 交響曲第4番 ホ短調 作品98 ハイドンの主題による変奏曲 作品56a   アルトゥーロ・トスカニーニ指揮 NBC交響楽団 1951年12月(4番)1952年2月(ハイドン)   情感を込めた演奏もいいけどブラームス最後の第4交響曲は、一番古典回帰をした作品でもあるので、感傷を排した様式美で勝負するトスカニーニの演奏は、逆に曲の美しさ…

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第7番イ長調 作品92 ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1958年5月29日、30日ロシアでのライブ録音より   オーマンディ(1899-1985)はハンガリー出身の指揮者で、 1938年から1980年まで長きに渡って米国5大オーケストラのひとつ フィラデルフィア管弦楽団の音楽監督を務めました。 つまりクラシック音楽界の重…

  • 人気ブログランキング

モーツァルト(1756-1791) 交響曲第40番ト短調 K.550 フランス・ブリュッヘン指揮 18世紀オーケストラ 1985年5月23日ライブ(オランダ)   古楽器界の巨匠フランス・ブリュッヘンが、2014年8月13日オランダ・アムステルダムで亡くなりました。79才でした。   古楽器演奏のライオン丸なんて勝手に言っていましたが、ブリュッヘンには、穏健なホグウッドに比べ、…

  • 人気ブログランキング

クラシック名盤 ナージャのメンコン

目安時間:約 3分

メンデルスゾーン(1809-1847) ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64   ナージャ・サレルノ=ソネンバーグ(ヴァイオリン) ジェラード・シュウォーツ(指揮) ニューヨーク室内交響楽団 1987年録音   ナージャ・サレルノ=ソネンバーグ(以降ナージャ)は、1961年生まれの 女流ヴァイオリニスト。   今年で56才ですが、このCDが出た1987年当時は、まだ2…

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第6番ヘ長調“田園”作品68 アンドレ・クリュイタンス指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団   クリュイタンスだから出来たドイツとフランスの融合なんて、勝手なタイトルを付けました。聞く人が聞いたら笑うかもしれないけど、僕にはそう思えて仕方ないのです。   クリュイタンスは、1905年にベルギーの北部になるアントワープに生まれていま…

  • 人気ブログランキング

フェデリコ・モンポウの自作自演

目安時間:約 2分

フェデリコ・モンポウ(1893-1987)は、スペインの作曲家。   父親はカタルーニャ人の鐘造りの職人で、母親はフランス人でした。 おばからピアノの手解きを受けました。   15歳のとき始めてピアノの公開演奏を行い、1909年にはガブリエル・フォーレが開いた演奏会に接したことから、作曲家になることを決心しました。   僕は、ピアニスト熊本マリさんのCDでモンポウの存…

  • 人気ブログランキング

ルードヴィッヒ・V・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第9番ニ短調作125「合唱付き」 ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮 ウィーンフィルハーモニー管弦楽団 ウィーン国立歌劇場合唱団 サザーランド(S)、ホーン(A)、キング(T)、タルヴェラ(Bs) 1966年録音   日本の年末の風物詩は第九のコンサートです。 僕は、何回も聴きに行きましたし、 自分自身も何度かステー…

  • 人気ブログランキング

アントン・ブルックナー(1824-1896) 交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」   ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 1970年録音   ブルックナーを初めて聴いたのは、カラヤン&ベルリンフィルの演奏ででした。中学生の時に小遣いを叩いて買った思い出のLPがそれです。 1970年の録音ですからカラヤンは当時62才。 もっとも脂の乗り切ってい…

  • 人気ブログランキング




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング