ラヴェル

アシュケナージと木嶋真優とNHK交響楽団とラヴェルと

僕がクラシックを聴き始めた1970年時点で若手と言われていたアバド、小澤、アルゲリッチ、ポリーニ、そしてアシュケナージという人たちも既に70代後半から80代になり、アバドのように鬼籍に入られた方もいます。時の流れは残酷ですね。中学生だった僕も今や定年退職者です。
バルビローリ

バルビローリ マーラー交響曲第6番 おすすめ 衝撃のエンディング

今年2020年は、ジョン・バルビローリ(1899-1970)の没後50年に当たります。そういうこともありレコード会社からも特別記念盤が出ています。そしてバルビローリの名演も収録しているグスタフ・マーラー(1860-1911)の『生誕150年記念ボックスーマーラー・コンプリート・エディション』が、かなりお得。
エルガー

バルビローリ エルガー交響曲第1番&第2番 おすすめ

こんにちは、 ともやんです。 ジョン・バルビローリ(1899-1970)が得意とする、英国音楽からエルガーの交響曲第1番と第2番がSACDハイブリッドで7月24日発売予定で、ただいま予約受付中です。 発売予定が...
バルビローリ

バルビローリ ベートーヴェン交響曲第3番”英雄” おすすめ

ジョン・バルビローリ(1899-1970)。国籍はイギリス。 王立音楽院で、チェロを学び、1916年にクイーンズ・ホール管に入団するが、24年頃からは指揮者に転向、1933年にはスコティッシュ管の首席指揮者に就任し、37年から43年にはトスカニーニの後任として、ニューヨークフィルの首席指揮者を務めています。
コンヴィチュニー

コンヴィチュニー 名盤 シューマン交響曲全集より第3番&4番

フランツ・コンヴィチュニー(1901-1962)。 第二次世界大戦で荒廃した東ドイツにおいて、名門ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の再建など、東ドイツの音楽界復活に人生を掛けた硬骨漢です。僕の大好きな指揮者です。ただ、60歳という若さで他界したのが残念でなりません。
シューマン

コンヴィチュニー 名盤 シューマン交響曲全集より第1番&2番

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のヴァイオリン兼ヴィオラ奏者として出発。1930年にシュトゥットガルト歌劇場の音楽監督。その後、フライブルク、フランクフルト、ハノーファーの歌劇場の音楽監督を歴任。戦後、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管の常任指揮者(1949-62)。
ラフマニノフ

クライスラー 愛の悲しみと愛の喜び 映画『四月は君の嘘』と

こんにちは、 ともやんです。 映画『四月は君の嘘』を観ました。 いい映画です。 特に僕が印象に残っている場面の一つに次の場面があります。 主人公の公生は、幼少の頃から厳しい母の下でピ...
ベートーヴェン

デ・フリエンド&オランダ響 ベートヴェン交響曲全集より

ヤン・ヴィレム・デ・フリエンドは、1962年7月生まれのオランダ出身のヴァイオリニストであり指揮者。 実際の発音は、デ・フリーントもしくはデ・フリントの方が近い。1982年に古楽レパートリーを得意とする合奏団コンバッティメント・コンソート・アムステルダムを設立
ブルックナー

朝比奈隆 新日本フィル ブルックナー交響曲第5番 ライブ

LPレコードも300枚近くディスクユニオンに売却のための査定に出しました。ただ、誰しも考えることが同じか、それとも先方の人手不足問題のせいか、ディスクユニオンに出したLP約300枚は、査定が出せるのが、送付してから2ヵ月近く掛かり、7月初めということで、査定件数が多いと評価額も下がるかな。。。
ベートーヴェン

デュメイ フランス・ヴァイオリン名曲集 おすすめ

オーギュスタン・デュメイ(1949-)は、僕の好きなヴァイオリニストです。なんと言っても響きが美しく深くて心に響く演奏で、初めて聴いたのがピレシュとのディオでベートーヴェンのソナタを聴いた時からです。ピレシュを聴きたくてベートーヴェンを聴いたのですが、それからデュメイを聴くようになりました。
タイトルとURLをコピーしました