イギリス出身のソプラノ歌手、エマ・カークビーが好きです。   清流のように澄んだ声と 微妙に舌っ足らずさを感じさせるチャーミングな声、 彼女の歌声には本当に癒されます。   ※アントワープの大聖堂   今から10数年前、仕事でベルギーのアントワープに行った時、 フランダースの犬で有名な大聖堂を見に行ったときそこの売店で 偶然素晴らしいCDと出会いました。

  • 人気ブログランキング

一昨日横浜のレコファンで購入した、北ドイツ放送響の自主出版の 朝比奈隆90歳記念のCD集が良いです。   今日は、通勤時からフランクのニ短調交響曲をずっと聴いています。 今日だけでもう3回目。   フランクの交響曲なんて、確かクレンペラーとフルトヴェングラーの指揮で持っていますが、どちらも1回ずつ聴いてそのまま。   でも、なんで朝比奈さんの指揮だと1日に3回も聴いて…

  • 人気ブログランキング

今から10数年前、仕事でベルギーのアントワープに行った時、 有名な大聖堂の売店で見つけたのがこのCDです。   ベルギーのアントワープにある大聖堂。 ルーベンスの壁画とフランダースの犬の舞台になった場所です。   ※アントワープの大聖堂   そう、ネロ少年とパトラッシュが、ルーベンスの絵を見ながら 天国に行った場所ですね。   エマ・カークビーとの出会い ベ…

  • 人気ブログランキング

エマ・カークビーのヘンデル・カンタータ集 

目安時間:約 1分

エマ・カークビー(ソプラノ) ロンドン・バロック(バイオリン2、チェロ、チェンバロ) 1999年録音   イギリス出身のソプラノ歌手、エマ・カークビーが好きですね。 清流のように澄んだ声と微妙に舌っ足らずさを感じさせるチャーミングな声、彼女の歌声には本当に癒されます。   今から10数年前、仕事でベルギーのアントワープに行った時、フランダースの犬で有名な大聖堂を見に行ったときそ…

  • 人気ブログランキング

クリュイタンスだから出来たドイツとフランスの融合なんて、 勝手なタイトルを付けました。   聞く人が聞いたら笑うかもしれないけど、 僕にはそう思えて仕方ないのです。   クリュイタンスは、1905年にベルギーの北部にある アントワープに生まれています。   ベルギーは大きく分けて、フラマン語(オランダ語の一種)を話し、 アントワープを中心とするオランダと国境を有する北…

  • 人気ブログランキング




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング