ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス

アーノンクール

アーノンクール モーツァルト交響曲第39番・40番・41番”ジュピター”

アーノンクールが、若い頃妻と一緒に中心とない結成したオーケストラ、ウィーン・コンチェルトゥス・ムジクスを振ったモーツァルトの後期三大交響曲がいいです。手練手管を使いながらも常の新しいものを目指す真摯な姿勢が心を打ちます。録音当時、84歳か5歳の高齢にも関わらず、その探求心と好奇心は見習うべきです。
アーノンクール

アーノンクール ヘンデル「メサイア」静謐にして豊かな名演

こんにちは。 ともやんです。 アーノンクール75歳の時の録音です。 自身、メサイアの2回目録音です。 静けさと豊かさに満ちた演奏です。 前回の82年の録音では、なにか作為的な部分に気になり、今一...
タイトルとURLをコピーしました