ヨッフムの名盤 ハイドン ロンドン交響曲

目安時間:約 4分

オイゲン・ヨッフム(1902-1987)は、僕の好きな指揮者の一人です。   1960年に初来日して以来、度々来日され、最後は亡くなる半年前の86年だったことを思うと、実演を聴かれなかったのが残念です。   ヨッフムの演奏は、当たり前のことをちゃんと演奏する正攻法なもので、そこに細工的物は感じません。   そして何より、その人柄がにじみ出るような温かみの演奏に心が打た…

  • 人気ブログランキング

オイゲン・ヨッフム指揮 ウィーンフィルハーモニー管弦楽団 モーツァルト:フリーメイソンのための葬送音楽K.477 ~名誉指揮者カール・ベームを偲んで~ モーツァルト:交響曲第41番ハ長調『ジュピター』K.551   Wiener Philharmoniker – Live Recording Edition Vol.2<完全限定BOX> ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団   …

  • 人気ブログランキング

僕は、J・S・バッハの『マタイ受難曲』が歌いたくて、 練習できる合唱団を探していましたが、   昨年の夏に、神奈川県の茅ヶ崎を拠点とする湘南シティ合唱団が、 2019年7月に定期演奏会で『マタイ受難曲』をやるということを知り、 8月に入団しました。   そして今日は、今年第1回目の練習でした。 もうあと半年しかないので、先生の指導にも力が入ります。   趣味とは極める…

  • 人気ブログランキング

ペーター・マーク指揮ロンドン響の1957年録音の「スコットランド」を初めて聴いた時の衝撃は忘れません。こんなに表情豊かで陰影に富んだ演奏は稀だったからです。   60年代にはマークは少なからず録音を遺したようですが、商業主義を嫌って世界各地のオーケストラに客演する演奏活動と続けていたようです。 後年のパドヴァ・ベネト管とのベートーヴェンの交響曲全集、モーツァルトの後期交響曲集、マドリード…

  • 人気ブログランキング

ヨッフム&ロンドンフィルの老いても熱き魂

目安時間:約 2分

ブラームス(1833-1897) 交響曲第1番 ハ短調 作品68   オイゲン・ヨッフム指揮 ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団 1976年6月~9月録音   オイゲン・ヨッフム73才の時の録音。 オイゲン・ヨッフムは、大器晩成の人だと思います。   特に天才肌とは思えないし、でも着実にキャリアを積んで、 後には押しも押されもせぬ名指揮者となりました。  …

  • 人気ブログランキング




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村