僕は、指揮者は料理人だと思っています。   作曲が作ったレシピをオーケストラと言う材料を使って料理する。   同じ作るにも、ある人はレシピに忠実に作ろうとするし、 ある人は、レシピの中に隠された何かを考えて、独自の味付けしたりします。   そして、出来上がったお料理を食べるのが聴衆で、 その聴衆も好みがあり、辛めが好きな人、甘めが好きな人、その中間の人といろいろです。…

  • 人気ブログランキング

ドイツの名指揮者ハンス・シュミット=イッセルシュテット(1900-1973)は、 彼の録音があれば、僕は無条件で聴く指揮者の一人です。   いや、指揮者の一人というよりも三人の内の一人くらいの存在です。 では、あとの二人は?というと オットー・クレンペラー(1885-1973)とフランツ・コンビチュニー(1901-1962)です。   なぜかわかりません。 三人とも僕がクラシッ…

  • 人気ブログランキング

指揮者は長生きしたほうが伝説になる   ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第3番変ホ長調作品55“英雄” Ⅰ(15:19) Allegro con brio Ⅱ(14:48) Marcia funebre.Adagio assai Ⅲ(06:00) Scherzo.Allegro vivace Ⅳ(11:52) Finale.Allegro molto …

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第3番変ホ長調『英雄』作品55 交響曲全集より フランツ・コンビチュニー指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 1959年~61全集録音   コンビチュニーの英雄を聴くと、気は優しくて力持ちという英雄像を連想します。 遅めのテンポでの確かな足取りがそう思わせるのでしょうか。   四文字熟語だと、質実剛健にして気宇雄大がぴったりで…

  • 人気ブログランキング

アントン・ブルックナー(1824-1896) 交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」   ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 1970年録音   ブルックナーを初めて聴いたのは、カラヤン&ベルリンフィルの演奏ででした。中学生の時に小遣いを叩いて買った思い出のLPがそれです。 1970年の録音ですからカラヤンは当時62才。 もっとも脂の乗り切ってい…

  • 人気ブログランキング

コンヴィチュニーのベートーヴェン名盤   ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第3番 変ホ長調作品55「エロイカ」 フランツ・コンヴィチュニー指揮 シュターツカペレ・ドレスデン   第1楽章:Allegro con brio 16:14 第2楽章:Marcia funebre. Adagio assai 17:42 第3楽章:Scherzo.Al…

  • 人気ブログランキング




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング