シューベルトの没後11年目、 シューベルトの兄フェルディナントの 手元に保管されているひと山の楽譜の中から ロベルト・シューマンが発見し、 メンデルスゾーンがライプチヒでみずから指揮して初演しました。   この曲は、演奏時間50分以上を要する大きさから ザ・グレートという愛称が付いています。   作曲の年順からいうと第十番目に属すべきもので、 1828年3月、シューベルトの死の…

  • 人気ブログランキング

クラシック名盤 フルトヴェングラーの最高録音

目安時間:約 2分

ロベルト・シューマン(1810-1856) 交響曲第4番ニ短調作品120 ウィリヘルム・フルトヴェングラー指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 1953年5月12-14日     フルトヴェングラー最高の名演として評判の録音です。   フルトヴェングラー嫌いを表明している、評論家の福島章恭氏は、さすがにこの演奏だけは最高評価にしています。   そこで聴いて…

  • 人気ブログランキング

僕は、ブラームスが好きです。 どうしてかわかりませんが、ぼく自身の性格とブラームスの性格が 似ているからと勝手に考えています。   ブラームスは、北ドイツのハンブルク出身、僕は北陸の富山出身。 何か共通点があるのかもしれない。   ブラームスのドイツ・レクイエムは 彼の最高傑作のひとつとされていて、他のレクイエムの比べても 個人的には、モーツァルト、ベルディ、フォーレと並ぶ傑作…

  • 人気ブログランキング




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング