こんにちは。   ともやんです。   今日は、54年12月4日に行われたローマRAI交響楽団を指揮したライブをご案内します。 ↓ https://amzn.to/2PkZZts   当初、54年の11月下旬カラヤンが、ローマにいたことを知っていました。 しかしその時第九を演奏していたことは最近知りました。   それもその時の録音が残っているということで少し興…

  • 人気ブログランキング

1959年のカラヤン指揮ウィーンフィルによる、 ベートーヴェン交響曲第7番と ハイドンの交響曲第104番”ロンドン”の録音です。   1959年と言えば、まだステレオ録音初期の頃ですが、 英デッカの録音は、素晴らしいです。   ウィーンフィルの豊潤なサウンドが、 カラヤンの端正な指揮と共に堪能できます。   そして、魂のこもったカラヤンの 志と野心溢れる演奏は、心を揺…

  • 人気ブログランキング

田園のスタジオ録音がされた同じ年、 1952年1月、ついにヴィルヘルム・フルトヴェングラーは、 ベルリン・フィルとの契約書にサインをしました。   正式には、1934年にヒンデミット事件で抗議の辞任をして以来、 18年ぶりの首席指揮者=音楽監督に復帰したのです。   なお、フルトヴェングラーが演奏できなかった 45年から47年の功労者だった チェリビダッケへの配慮で彼のコンサー…

  • 人気ブログランキング

1938年に初めてベルリンフィルを振って、「奇蹟のカラヤン」と好評を得たカラヤンですが、フルトヴェングラーに嫌われて、彼が亡くなる1954年までの16年に、わずか10回しかベルリンフィルを指揮出来ませんでした。   45年から54年まで400回以上指揮したチェリビダッケとの差は歴然でした。   ところがフルトヴェングラーの後任となったのはカラヤンで、チェリビダッケは、カラヤン在…

  • 人気ブログランキング

朝比奈隆指揮NHK交響楽団 ’95年12月13日   1995年12月13日のNHKホールで、NHK交響楽団の第1279回定期演奏会が開催されました。   指揮は御年87才の日本のいや世界の巨匠・朝比奈隆。   同い年のカラヤンは既に亡く、バーンスタインも逝き、世界を見ても圧倒的カリスマ性を発揮している人は、4つ年下のヴァントとチェリビダッケ、そして朝比奈隆くらいでし…

  • 人気ブログランキング

カラヤンの記念碑 最初のベートーヴェン交響曲全集   ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908-1989)の名前は、クラシック音楽に日ごろ接していない人も、その名前だけは聞いたことがあるでしょう。   時の流れは早く、亡くなってもう30年近く経つんですね。   カラヤンは、その生涯にベートーヴェンの交響曲全集を4回録音していますが、このフィルーハーモニア管弦楽団との録音…

  • 人気ブログランキング

ドミトリー・ショスタコービッチ(1906-1975) 交響曲第7番ハ長調作品60「レニングラード」 セルジュ・チェリビダッケ指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1946年12月22日   この録音の前日、ベルリンフィルの演奏会で、 この曲のドイツ初演が行われました。   コンサート会場には、非ナチ化審理により ようやく無罪となったフルトヴェングラーもいました。 &nbsp…

  • 人気ブログランキング




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村