セルジュ・チェリビダッケ(1912-1996)ルーマニア生まれのドイツで活躍した指揮者。 戦後の混乱の中、フルトヴェングラーが指揮活動できない中、 ベルリンフィルを支えた指揮者で実質4代目常任指揮者とする意見もあります。   中学2年生の1971年から今日まで、クラシック音楽ファンとして50年近く聴いてきましたが、 恥ずかしながら、チェリビダッケの名前を知ったのは、ここ数年のことでした。…

  • 人気ブログランキング

ハンス・クナッパーツブッシュは、ドイツの名指揮者です。   1888年生まれで、1965年にミュンヘンで77歳で生涯を閉じました。   ミュンヘンやウィーンで活躍し、 第二次世界大戦後に再開されたバイロイト音楽祭を支えた指揮者でした。   リヒャルト・ワーグナーやアントン・ブルックナーの演奏で有名です。   同時代に活躍したフルトヴェングラー、クレンペラーと…

  • 人気ブログランキング

カール・シューリヒトにしろ、 フルトヴェングラーにしろ、 クナッパーツブッシュにしろ   ベートーヴェンの交響曲では、 第3番が特に気に入っていたようで、 録音も多く残されています。   今回は、シューリヒトの英雄の内 最後のベルリンフィルとの録音をご案内します。   もう1年以上前にこのブログで フランス国立菅との演奏を絶賛しましたが、 ベルリンフィルとの演奏は、そ…

  • 人気ブログランキング

ハンス・クナッパーツブッシュ(1888-1965)が 亡くなってから、50年以上経つのに、 相変わらず一度も来ることがなかった極東日本で 人気があるようです。   これはフルトヴェングラーにも言えますが、 もう50年以上(フルトヴェングラーは60年以上)前に、 この世からいなくなった指揮者。   しかも日本の土を一度も踏むことをなく、 古い録音だけで、知られてきたこの二人の指揮…

  • 人気ブログランキング

クラシック音楽のLPを始め買ったのが、 1971年中学2年生かもしかして1年生の冬だったかと思います。   初めて買ったのが、カラヤン指揮フィルハーモニア管との ベートーヴェンの運命とチャイコフスキーの悲愴でした。   そしてその2~3ヶ月後に購入したのが、 フルトヴェングラー&ウィーンフィルとのベートーヴェンの英雄でした。   そしてそれから50年近く経つのにいまだ…

  • 人気ブログランキング

ここ2週間ほどは、毎日ブルックナーを聴いています。 寝ても覚めてもブルックナー。 通勤時には携帯CDプレーヤーを持ち歩き、 家を出てから会社に着くまで、大体1曲聴き通せるのが嬉しいですね。   さて、1番から聴き始めたけど、やっと3番、4番にやってきました。   ここからが大変。   何と言っても持っているCDが俄然増えてきます。   昨日も、ディスクユニオ…

  • 人気ブログランキング

フランス生まれのポール・パレー(1886-1979)指揮デトロイト交響楽団の演奏で、 シューマンの交響曲全集を聴きました。   あまりの素晴らしさに深い感銘を受けました。   ポール・パレーのシューマンが素晴らしいとは聞いていましたが、 ここまでとは思いませんでした。   しかも50年代の録音ながら臨場感あふれる音質は古さを感じさせませんでした。 ※但し、第4番のみモ…

  • 人気ブログランキング

クラシック音楽の楽しみの一つに同曲異演を聴き較べる楽しみがあります。 つまり同じ曲を別の演奏家同士で比べてみるわけです。 作曲家の作った楽譜は、料理のレシピと考えてみても良いと思います。   楽譜には、楽器編成と各楽器ごとの旋律や強弱、そして全体のテンポなど細かく指定されています。それを演奏家は、楽譜通りにしかも作曲家の意図をくみ取り、自分なりの解釈で演奏するわけです。   当…

  • 人気ブログランキング

今年は最後の巨匠と言われた朝比奈隆の生誕110周年です。   なにかイベントが行われるのかどうか知りませんが、朝比奈さんのコンサートに通っていた頃からもう30年も経つんだ、と懐かしく思う次第です。   また当時30才の僕も昨年還暦となりました。 時間の経つのは早いですね。   さて、朝比奈さんの生誕110年の今年は、同い年のカラヤンと共に積極的に聴くようにしています。…

  • 人気ブログランキング

1938年に初めてベルリンフィルを振って、「奇蹟のカラヤン」と好評を得たカラヤンですが、フルトヴェングラーに嫌われて、彼が亡くなる1954年までの16年に、わずか10回しかベルリンフィルを指揮出来ませんでした。   45年から54年まで400回以上指揮したチェリビダッケとの差は歴然でした。   ところがフルトヴェングラーの後任となったのはカラヤンで、チェリビダッケは、カラヤン在…

  • 人気ブログランキング

僕は、時々新宿のディスクユニオンに行って、クラシックの中古CDを物色するのが好きです。時には目当てのCDを探すときもありますが、多くの場合、なにか面白そうなのないかなと探します。   探す基準は、好きな指揮者だったり、ソリストだったり、好きな作曲家だったりといろいろですが、たまに掘り出しもを見つけた時など嬉しい限りです。   今日紹介するCDはそのひとつです。   &…

  • 人気ブログランキング

1954年は20世紀のクラシック音楽の歴史の中で、記憶されべき年です。20世紀前半を代表した二人の巨匠が一人は引退をし、もう一人は、この世を去りました。   2人はまさに音楽を通して凄まじい闘いをしてきた人です。   単に演奏するだけではなく、共に理不尽な独裁者と闘い、政治に翻弄されてきた歴史があります。ただこの時代に生きたほとんどの音楽家がそうでしたが。それでもこの二人の生き…

  • 人気ブログランキング




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング