コロンビア交響楽団は、1950年代から60年代に掛けて アメリカのコロンビア・レコード社が録音用のオーケストラとして編成したオーケストラです。   常設のオーケストラではなく、メンバーもその都度入れ替わったり、 契約上の都合で、既存のオーケストラだったりもしたそうです。   コロンビア交響楽団というと巨匠ブルーノ・ワルターとの 膨大なステレオ録音でその名を知る人が多いと思います…

アルベルク・マニャールという作曲家をご存知でしょうか? クラシック音楽ファンを自称して50年になる私もつい最近まで名前すら聞いたことがない作曲家でした。   僕が中学生の時から大切にしている属啓成著「名曲事典」(音楽之友社)という分厚い事典にもその名前はありません。   以下、HMVのウェブサイトからです。 マーラーと同世代のフランスの作曲家、アルベリク・マニャール[1865-…

こんにちは、 ともやんです。   オットー・クレンペラーの演奏、正確にいうと録音に残された演奏に惹かれ、聴きだし、LP、CDを集めだして、もう30年近く経ちます。   もっと言えば、初めてクレンペラーのLPを購入したのが中学3年の時でしたので、かれこれ45年ほど聴いてきたことになります。   でも、1972年に15歳の僕が初めて購入したシューマンの交響曲全集は、僕が、…

ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第5番ハ短調作品67 Ⅰ(09:14) Allegro con brio Ⅱ(10:00) Andante con molto Ⅲ+Ⅳ(19:13) Allegro ピエール・ブーレーズ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 録音年月:1968年12月     ピエール・ブーレーズは、フランス生まれの作曲家、指…

こんにちは。   ともやんです。   グスタフ・マーラー(1860-1911) 交響曲第2番 ハ短調 「復活」   オットー・クレンペラー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団 ガリーナ・ヴィシネフスカヤ(Galina Vishnevskaya) ウィーン楽友協会合唱団(Choir of the Wiener Singverein) 1963年6月21日 アン・デア・ウ…

最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報