ミュンヘンフィル

チェリビダッケ

チェリビダッケ ブルックナー交響曲第3番 with ミュンヘン・フィル

こんにちは、 ともやんです。 個人的には孤高の名指揮者と呼びたいセルジュ・チェリビダッケ。 戦後の混乱期と言えど、一時期はベルリンフィルの首席的存在でフルトヴェングラーの不在の期間、名門ベルリンフィルを支え、フルトヴェングラー...
チェリビダッケ

チェリビダッケ ブルックナー交響曲第7番 with ミュンヘン・フィル

こんにちは、 ともやんです。 タワーレコード・オンラインショップに以下のような記事が掲載されました。 ↓ 朝日新聞3月29日(月)朝刊「文化の扉」で「はまるブルックナー」特集! つまり全国紙の朝刊の半面も使ってブルックナー...
シューベルト

ヴァント&ミュンヘンフィル シューベルト ザ・グレート

こんにちは、 ともやんです。 ギュンター・ヴァント不滅の名盤第8弾からフランツ・シューベルトの傑作、交響曲第9番ハ長調「ザ・グレート」を聴きました。 1993年のミュンヘンフィルの本拠地ガスタイクでのライブ録音です。93年と言...
ブルックナー

ゲルギエフ ブルックナー 交響曲全集より第1番

こんにちは、 ともやんです。 ヴァレリー・ゲルギエフ(1953-)は、旧ソ連のコーカサス地方に生まれたロシアの指揮者です。僕より4歳年上なので同世代です。 名前自体は、以前から知っていますが、その演奏の録音はきちんと聴いたこと...
チェリビダッケ

チェリビダッケ チャイコフスキー 交響曲第5番

チャイコフスキーの交響曲第5番は、僕の好きな曲です。第6番"悲愴"も嫌いではありませんが、終楽章の哀しく終わる様は、いつ聴いても心が和みません。その点、第5番は、苦しみから歓喜へ、困難を克服しての凱旋という構図があるので、聴いていて高揚感があります。僕は、特にコバケンさんの演奏が好きです。
ケンペ

ケンペ&ミュンヘンフィル ベートヴェン交響曲第7&8番は最高!

こんにちは、 ともやんです。 ベートーヴェンの交響曲第7番は、『のだめカンタービレ』で使われたかという理由も多少あるかもしれませんが、2018年のコンサートで、第9に次いで多く演奏された曲です。 また、音楽之友社が行っている、...
クナッパーツブッシュ

クナッパーツブッシュの英雄 ミュンヘンフィル創立125周年記念より

こんにちは。 ともやんです。 クナッパーツブッシュの英雄は、もう30年近く前、中古レコード屋で購入した、バイエルン放送響(のちにミュンヘンフィルとの演奏に訂正)との衝撃以来、忘れられない演奏となっています。 ...
チェリビダッケ

チェリビダッケ ベートヴェン交響曲第2番がすごい!

こんにちは、 ともやんです。 チェリビダッケが、1996年6月4日、まさに亡くなる約2ヵ月前のベートーヴェン交響曲第2番のライブが凄いです。 カラヤン時代、ベルリンフィル史から抹殺同様の扱いを受けながら到達して境地...
ケンペ

チャイコフスキー悲愴 名演と名盤は巡り合い出会うものなのかも

2月の中旬となり、多少、寒さも和らいだような横浜の今日この頃です。そして陽も長くなりましたね。 庭の梅の7分咲きとなり、春は確実に近づいて来ています。 僕も昨年60歳になりましたが、あと何回桜が見られるかなって心...
タイトルとURLをコピーしました