僕が敬愛する音楽評論家宇野功芳氏。   残念ながら2016年に85歳で亡くなりました。   でも、宇野氏の功績のひとつに日本にブルックナーを 広めたというのものがあると思います。   自身もブルックナーとモーツァルトを最も愛されていたようで、 特にブルックナーを得意としていた朝比奈隆氏を高く評価され、 それがブルックナーファンを増やした遠因とも僕は思っています。 &n…

  • 人気ブログランキング

ペーター・マーク指揮ロンドン響の1957年録音の「スコットランド」を初めて聴いた時の衝撃は忘れません。こんなに表情豊かで陰影に富んだ演奏は稀だったからです。   60年代にはマークは少なからず録音を遺したようですが、商業主義を嫌って世界各地のオーケストラに客演する演奏活動と続けていたようです。 後年のパドヴァ・ベネト管とのベートーヴェンの交響曲全集、モーツァルトの後期交響曲集、マドリード…

  • 人気ブログランキング

カーゾン&ブリテンのモーツァルトピアノ協奏曲

目安時間:約 3分

クリフォード・カーゾン(ピアノ) ベンジャミン・ブリテン指揮 イギリス室内管弦楽団 W・A・モーツァルト作曲 ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K466 ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K595 録音1970年 僕の愛聴盤です。   クリフォード・マイケル・カーゾンは、1907年に生まれ、1982年に75才で亡くなった、イギリスの名ピアニスト。   モーツァルトとシューベルトの演奏に定…

  • 人気ブログランキング

W・A・モーツァルト(1756-1791) 交響曲第35番ニ長調K385「ハフナー」 カール・ベーム指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1951年4月9日録音     これは凄い名演です。   ガッチリとして構成力と迫力、ベルリンフィルの厳しい響きが素晴らしいです。   1951年と言えば、カール・ベーム56才。 カール・ベームが日本でカリスマ的人気を…

  • 人気ブログランキング

モーツァルト(1756-791) 交響曲 第39番 変ホ長調 K.543 交響曲 第40番 ト短調 K.550 交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」 アルトゥーロ・トスカニーニ指揮 NBC交響楽団 1948/3/6(39番)、1937/12/25(40番)、1940/4/20(41番)   前回に引き続き、トスカニーニのモーツァルトです。 クラシック名盤 トスカニーニ 快速…

  • 人気ブログランキング

モーツァルト(1756-791) 交響曲 第29番 イ長調 K.201 交響曲 第35番 ニ長調 K.385「ハフナー」 交響曲 第38番 ニ長調 K.504「プラハ」 アルトゥーロ・トスカニーニ指揮 NBC交響楽団 1944/9/3(29番)、1946/11/3(35番)、1939/2/4(38番)   トスカニーニとモーツァルトというとあまりピンときませんが、 イタリアのMEMORI…

  • 人気ブログランキング

モーツァルト(1756-1791) 交響曲第40番ト短調 K.550 フランス・ブリュッヘン指揮 18世紀オーケストラ 1985年5月23日ライブ(オランダ)   古楽器界の巨匠フランス・ブリュッヘンが、2014年8月13日オランダ・アムステルダムで亡くなりました。79才でした。   古楽器演奏のライオン丸なんて勝手に言っていましたが、ブリュッヘンには、穏健なホグウッドに比べ、…

  • 人気ブログランキング

モーツァルトのレクイエム 純粋に美しい演奏

目安時間:約 2分

モーツァルト(1756-1791) レクイエム、アヴェ・ヴェルム・コルプス ペーター・ノイマン指揮 ケルン室内合唱団 コレギウム・カルトゥジアーヌム 1990年録音   ペーター・ノイマンは、1940年生まれなので、今年で77才になりますが、 ご健在なのでしょうか?   ペーター・ノイマンは、ドイツのカールスルーエ生まれの指揮者・オルガニスト。知名度の高い指揮者ではないですし、…

  • 人気ブログランキング

ペーター・マーク 情感溢れるモーツァルト

目安時間:約 3分

モーツァルト(1756-1791) 交響曲第40番 ト短調 K550 交響曲第41番 ハ長調 K551「ジュピター」   ペーター・マーク指揮 パドヴァ・ベネト管弦楽団 1996年   40番は、ひとつひとつのフレーズに無数のニュアンスを散りばめて 心の籠った名演を展開しています。   特に内声部のメロディーや動きがこれほど表情豊かに物いう演奏は ないでしょう。有名な…

  • 人気ブログランキング

モーツァルト(1756-1791) 交響曲第39番 変ホ長調 K.543 交響曲第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」   ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮 ロンドン交響楽団 1958年6月、7月   僕は、クラシック音楽の演奏を料理人(以下シェフ)に例えることがあります。 作曲家が材料とレシピを作り、演奏家が、その材料とレシピをもとにお料理する。だから材料とレシ…

  • 人気ブログランキング




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング