ライプツィヒ・ゲヴァントハウス

ブラームス

ブラームス セレナーデ第1番&第2番 伝統の響き

こんにちは、 ともやんです。 ブラームス(1833-1897) セレナーデ第1番 ニ長調 作品11 クルト・マズア指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 1980年録音 もう30年近く前のこと、独身の僕は休日...
タイトルとURLをコピーしました