吉田秀和

ベートーヴェン

宇野功芳&大阪交響楽団の第九 超おすすめ

中学生時代、10年後の自分という作文を書いた記憶があり、10年後なんて、遠い先と考えていたのに、気が付けば50年です。そう言えば、100歳で元気なお年寄りの何人かにインタビューした番組ありました。インタビュアーがいくつか質問して行くのですが、一つだけ、全員同じ回答がありました。
クナッパーツブッシュ

クナッパーツブッシュの名盤 ブルックナー交響曲第8番

こんにちは。 ともやんです。 クナッパーツブッシュという指揮者は、僕にはとても不思議な人物に感じます。 しかもクナッパーツブッシュに関する書籍も少なく、当然自伝もなく、先日みすず書房から出ている奥波一秀著「...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラーの第九 1954年 最後のバイロイト

こんにちは、 ともやんです。 フルトヴェングラーの全名演名盤 宇野功芳著(講談社+α文庫)では、 8種類の第九が紹介されています。 そしてこの1954年8月9日の バイロイト音楽祭での 録音は含まれていません...
クレンペラー

クレンペラー ベートーヴェン 交響曲4番&5番 69年ライブ

僕が、オットー・クレンペラー(1885-1973)の音楽に魅了され、LP、CDを集めだしたのは、80年代の中頃からで、もう30年も前からのことです。その頃は、CDが出てから数年という頃で、LPで出ていたものが、CD化されて出始めたころでもあります。
セル

ジョージ・セルのベートーヴェン交響曲全集 英雄が最高に素晴らしい

こんにちは、 ともやんです。 吉田秀和著『世界の指揮者』ちくま文庫は、名著です。 少なくても僕はそう思っていて、僕が持っている本は長らく調べ資料として使っているのでボロボロになっています。 その中でもジョ...
トスカニーニ

トスカニーニ 伝説のベートーヴェン交響曲全集 1939年の凄絶

こんにちは。 ともやんです。 20世紀前半、というよりも歴代の指揮者の中での巨匠中の巨匠トスカニーニ(1867-1957)が亡くなって60年以上が経ちました。 トスカニーニは、1954年の4月の引退後、57年1月26日に亡くな...
セル

ジョージ・セルの名盤 ハイドンの交響曲の楽団との真剣勝負

ジョージ・セルの名盤 ハイドン交響曲選集 ヨーゼフ・ハイドン(1732-1809) 交響曲第88番、第92番~第99番と第104番 ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団 録音:1954年~69年 ...
ベートーヴェン

クレンペラー 伝説のウィーン芸術週間 ベートーヴェン第5交響曲

こんにちは。 ともやんです。 クラシック音楽の大御所的存在だった吉田秀和著の「世界の指揮者」は、僕の愛読書です。 そして文庫本はボロボロになるまで読み込んだものです。 いまでも部屋のどこかにあると思います。 ...
タイトルとURLをコピーしました