日産の元会長カルロス・ゴーン氏の逮捕は、 日本のみならずフランスを中心に世界中に衝撃が走りました。   ことの真相は今後明らかにされるでしょうが、 ゴーン氏は、経営不振にあえぐ日産を建て直した 経営者であることは間違いありません。   しかし、その後大きな権力を持つにあたり、 全く驕りがなかったかというと違うかなと思います。   僕は、ゴーン氏の逮捕劇を見ていて、 カ…

  • 人気ブログランキング

クレンペラーの名盤 ベートーヴェン交響曲第 5番   ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第5番ハ短調作品67 オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団   第1楽章(08:57)Allegro con brio 第2楽章(11:16)Andante con moto 第3楽章(06:16)Allegro.Attaca 第4楽章(13…

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第9番ニ短調『合唱』作品125   オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団及び合唱団 1957年11月録音   EMIから出ているベートーヴェン交響曲全集は、 1957年から60年に掛けてステレオ録音されています。   クレンペラーの稀代のプロデューサー、ウォルター・レッグのもと、 EMIにバッハから現代音楽ま…

  • 人気ブログランキング

20世紀が生んだ、歴史的な巨匠、オットー・クレンペラーは、 第2二次世界大戦の中、ユダヤ人ということで、 多くの音楽家が不運だったように その働き盛りを不遇に送らなければなりませんでした。   しかも逃避先で大きな怪我をしたり、 大病を患ったりして、 数々の苦難に遭遇した人でもあります。   もし戦後、ウォルター・レッグという EMIの稀代のプロデューサーと出会わなければ、 そ…

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調作品67「運命」 オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1959年録音 アリアCD復刻   クレンペラー指揮のベートーヴェンは、正規の物から、中には出所不明のライヴ物まで沢山出ていますが、EMIの正規ステレオ録音のフィルハーモニア管との全集は、1957年~60年に掛けてもので、一番安心して聴ける録音です。   でも、この全集も大…

  • 人気ブログランキング




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング