今年は、朝比奈隆の生誕110年。 同い年のカラヤンもそうで、バーンスタインが生誕100年。   80年代、朝比奈隆のコンサートに何度か行きました。 また、CDも何枚も持っています。   朝比奈隆の演奏の真髄は、なんだろうなといつも考えるのんですが、 今日ご紹介する、シューマン3番『ライン』の終楽章を聴いていて、   あっ、これか!   と思ったのは、朝比奈の…

  • 人気ブログランキング

10月も半ば、街路樹の木の葉も色づき始めてきました。 僕は、秋になるとブラームスが聴きたくなります。     秋に聴くブラームスは、特にピアノ曲、室内楽曲がいいですが、 管弦楽だと、断然、交響曲第4番を最高です。   第1楽章のイントロを聴くと、枯れ葉がハラハラ落ちるような 風景を思い浮かべてしまいます。   ブラームス交響曲第4番は、ヴァント&北ドイツ放送…

  • 人気ブログランキング

クラシック音楽の名曲でクリスマスに合うというと 僕は、まずフリードリッヒ・ヘンデル作曲 オラトリオ「メサイヤ」をまず思い出します。   ヘンデルは、オラトリオというスタイルの楽曲を得意としていました。   ヘンデルのオラトリオの中でも 超有名でしかも傑作なのが、 「メサイア」です。     フリードリッヒ・ヘンデル 社交家のコスモポリタン   ゲオ…

  • 人気ブログランキング

エフゲニー・ムラヴィンスキー(1903-1988)   旧ソ連のみならず   世界的な20世紀を代表する指揮者。   レニングラードフィルハーモニー管弦楽団に   50年にわたって常任指揮者を勤め、   世界最高のオーケストラに育てた上げた名指揮者、   というより、20世紀を代表する指揮者の一人です

  • 人気ブログランキング

20世紀最大の指揮者の一人であるアルトゥール・トスカニーニが 亡くなったのは1957年(昭和32年)。   満90歳の誕生日まであと2ヶ月という時期で、 亡くなる直前までNBC交響楽団とともに録音したテープの 編集作業をしていたそうです。   今日は、僕が勝手に選んだ、トスカニーニの名演の名盤をご紹介します。   トスカニーニの名演の名盤 フルトヴェングラーとの比較 …

  • 人気ブログランキング

カール・ベーム(1894~1981) 私がクラシック音楽を聴き始めた中学生の頃、 つまり1970年代の超アイドル指揮者でした。     当時は、カラヤンとベームが人気を2分していて ともにドイツグラモフォンレーベルに毎月にように 新譜が出ていたと思います。   カール・ベームの名盤 カラヤンとの比較   豪華で華麗、スマートなカラヤンに比べ 堅実で無骨、実直…

  • 人気ブログランキング

ルドルフ・ケンペ(1910-1976) ドイツ、ドレスデン生まれの名指揮者。   ケンペは、カラヤンより2歳年下の同世代、 しかし、ケンペは、これから巨匠へという66歳という指揮者にとっては 働き盛りで惜しくも亡くなっています。   当然本人が一番悔しいでしょうが、ファンとしては、 もっと長生きして、円熟した演奏を聞かせて欲しかった、と誰もが思うような人でした。   …

  • 人気ブログランキング

青年ベートーヴェンが、24才から25才に掛けて作曲した、 ピアノ・ソナタ第1番から3番 作品2の3曲が好きです。   1794年から95年、時はまだ18世紀。   モーツァルトは、若くして数年前に亡くなっていましたが、 ハイドンは健在で、この3曲は8月30日頃、ハイドンの前で披露しています。   この頃、エステルハージ候やリヒノウスキー候との親交が深まり、 貴族サーク…

  • 人気ブログランキング

ヘルベルト・ブロムシュテットは、1927年7月11日生まれですから、 今年の7月で91歳になった現役最高齢の指揮者です。   しかし、その演奏からはそんな年齢を感じさせない 新鮮さと活力を感じさせ感銘を与えてくれます。   ブロムシュテットは、僕が実演で聴いた数少ない外国人指揮者の一人です。   確か、もう20年以上前ドレスデン・シュターツカペレを 率いて来日したとき…

  • 人気ブログランキング

ヘルベルト・ブロムシュテットは、実演で聴いた数少ない 外国人指揮者の一人です。   確か、もう20年以上前ドレスデン・シュターツカペレを率いて来日したとき聴きました。   会場も忘れてしまいましたが、曲目はマーラーの交響曲第1番「巨人」で、 素晴らしい名演だったことは憶えています。   そんなブロムシュテットのドレスデンシュターツカペレ時代の ベートーヴェン全集と共に…

  • 人気ブログランキング

マーラーの交響曲は好きですが、 全ての曲が好きというほどではありません。   曲によって、演奏者によって好き嫌いが分かれます。   例えば、第1番ならワルター&コロンビア響、 第2番”復活”なら小澤&サイトウキネン、 第4番ならクレンペラー&フィルハーモニア管、 第5番ならバルビローリ&ニューフィルハーモニア管、 第7番ならクレンペラー&フィルハ…

  • 人気ブログランキング

ジョージ・セル(1897~1970) 僕が、クラシック音楽に興味を持ち出した中学生の頃(1970年~72年)、 カラヤン、ベーム、バーンスタインほどではなかったけど 程よくレコードが出ていた指揮者でした。   1970年、大阪万博の年に最初で最後の手兵のクリーブランド管弦楽団と 来日公演も果たしています。   しかし、残念ながら来日公演の2ヵ月後には、 73歳という指揮者として…

  • 人気ブログランキング
1 2 3 33




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング