メルマガ登録

おはようございます、 ともやんです。   カラヤンとウィーン交響楽団他とのJ・S・バッハ「マタイ受難曲」1950年ライブが凄いです。 真摯なアプローチが深い感動を呼びます。 ↓ バッハ:マタイ受難曲 BWV.244 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ウィーン交響楽団他   普通ならカラヤンでマタイ受難曲を聴こうとは思いません。 でもキャスリーン・フェリアーが参加して…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   ドイツの名指揮者ルドルフ・ケンペが、チューリッヒ・トーンハレ菅と録音したブルックナーの8番が素晴らしいです。   アントン・ブルックナー – Anton Bruckner (1824-1896) 交響曲第8番 ハ短調 WAB 108 (1887年稿および1890年稿・ハース版) ルドルフ・ケンペ指揮 チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 1971年…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。 ヘルムート・ミュラー=ブリュール指揮ケルン室内管弦楽団によるベートーヴェンのピアノ協奏曲全集が素晴らしいです。 ↓ ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集(ケルン室内管/ミュラー=ブリュール)   ん!? で、ピアニストは誰?   実はこの全集は面白い企画なのです。 2007年の録音当時20代から30代のピアニスト5人が、1曲ずつ受け持って、ミュラー=ブ…

  • 人気ブログランキング

おはようございます。   ともやんです。   僕が初めて世界的な指揮者のコンサートに行ったのは、1973年3月のことでした。 当時、中学3年生、と言ってもあと数日で高校生になるころでした。   なんとウィーンフィルハーモニー管弦楽団が来日して富山で公演を行ったのです。 プログラムが、ベートーヴェンの”田園”とシューベルトの”未完成”という王道中の王道のものでした。 &…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   最初聴いた瞬間、ブラームスの交響曲第5番かと錯覚したくらいシェーンベルクの素晴らしい編曲とラトル&バーミンガム市響との録音です。   ブラームス~シューンベルク編曲:ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 作品25 サイモン・ラトル指揮 バーミンガム市交響楽団 1984年6月録音 ↓ 『シェーンベルク:管弦楽作品集』ブラームス/オーケストレーション:シェ…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調 原典版 フランツ・コンビチュニー指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 ↓ コンヴィチュニー ブルックナー:交響曲名演集   僕の好きな演奏は何もしていないように見えるのに感動させてくれる演奏です。 当たり前のことを疎かにしないで徹底させることで、感動を与えてくれる演奏です。   一方、クラシ…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 作品92 グスタフ・クーン指揮 ボルツァーノ・トレント・ハイドン管弦楽団 2005年11月~2006年5月ライブ録音 クーン&ボルツァーノ・トレント・ハイドン管弦楽団のベートーヴェン交響曲全集より ↓ ベートーヴェン: 交響曲全集+クーン&ヴィンター: 交響曲を語る クーン&ハイドン管のCDは、中古店…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   ルネ・レイボヴィッツ指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 ベートーヴェン交響曲全集 1961年録音 録音技師:ケネス・ウィルキンソン ↓ Beethoven: The 9 Symphonies ルネ・レイボヴィッツ 、 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団   本セットは、アメリカのリーダーズ・ダイジェストによる通信販売用の録音。当セットは、…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。   ともやんです。   今日は、忘れられた名曲とそれを演奏しながら長らく廃盤になっていて今月復活するCDのご紹介です。 ↓ 天才メンデルスゾーン 若き日の傑作   フリードリヒ・シュナイダーの名前は、今回初めて聴きました。ベートーヴェンより16歳年下でウェーバーと同い年、ロッシーニより6歳年上という人です。   収録されている交響曲は、第17番…

  • 人気ブログランキング

キャスリーン・フェリアーは、イギリス出身の美貌のコントラルトです。 でもその生涯は僅か41歳で、活躍した年月も10年足らずでした。   たまたま彼女が歌うマタイ受難曲のアリアを聴いてその深い歌声に惹きつけられ、彼女の代表作と言われているマーラーの大地の歌を聴きました。   僕のとってマーラーは、まだまだ距離を感じる作曲家で、交響曲は第1番、第2番、第9番は大好きなのに、他はまだ…

  • 人気ブログランキング

チェコの名指揮者ラファエル・クーベリックとベルリンフィルが1966年から73年に掛けて行ったベルリンフィル史上初のドヴォルザーク交響曲全集 ▽ ▽ ▽ ドヴォルザーク: 交響曲全集 ラファエル・クーベリック 、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団   フルトヴェングラー亡き後、カラヤンが、首席指揮者になって12年目。 ベルリンフィルは、クーベリックの指揮の下、世界最高の響きを奏でています…

  • 人気ブログランキング

ヨーゼフ・クリップス(1902-1974)。 このウィーン生まれの禿げ頭でマル眼鏡、そして小太り。 お世辞にもハンサムとは言えないクリップスですが、僕はその男気溢れる演奏が大好きです。   最初は歌手を目指しますが、指揮者に転向し、ワインガルトナーに才能を認められます。 ドルトムント、カールスルーエでの下積みを経て、1933年ウィーン国立歌劇場の指揮者としてデビューしました。 &nbsp…

  • 人気ブログランキング
1 2 3 55




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村