メルマガ登録

ベートーヴェン再発見 生誕250年記念 おすすめ

目安時間:約 6分

こんにちは、 ともやんです。 3月13日に『ベートーヴェン再発見』というCD17枚組のセットが発売されました。 ↓ 【CD】 『ベートーヴェン再発見』~ピリオド楽器によるベートーヴェンを集めて ベートーヴェンの交響曲全集、序曲集、交響曲全集(リスト編曲ピアノ版)、ピアノ協奏曲全集(室内楽編成による)、ピアノ曲集が収録されています。 全てピリオド楽器で演奏された録音を集めて企画です。 ただその収録さ…

  • 人気ブログランキング

こんにちは、 ともやんです。   今年は、ベートーヴェンの生誕250年ということで、いつも以上にベートーヴェンのCDを聴いています。 交響曲全集も昨年から新譜だったり再販だったりたくさん出ています。   その中で名門ウィーンフィルも昨年録音して交響曲全集をリリースしています。 そしてこの記念すべき年に発売した録音の指揮者がアンドリス・ネルソンス。   ここでちょっとネ…

  • 人気ブログランキング

カラヤン ベルリンフィル ’77年 日本ライブ

目安時間:約 4分

こんにちは、 ともやんです。   ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908-1989)は、1954年から88年にかけて、都合11回来日公演を行っています。   このうち、54年のNHK交響楽団への客演と59年のウィーンフィルとの公演以外の9回は、ベルリンフィルとの公演でした。 これは凄いことで、オーケストラメンバーや関係者が動くのですから、それなりの収入が見込めないと出来ないこと…

  • 人気ブログランキング

こんにちは、 ともやんです。   今年は、ベートーヴェンの生誕250年ということで、いつも以上にベートーヴェンのCDを聴いています。 交響曲全集も昨年から新譜だったり再販だったりたくさん出ています。 その中で名門ウィーンフィルも昨年録音して交響曲全集をリリースしています。   そしてこの記念すべき年に発売した録音の指揮者がアンドリス・ネルソンス。 ここでちょっとネルソンスに触れ…

  • 人気ブログランキング

こんにちは、 ともやんです。   おもしろいCDを見つけました。   ベートーヴェンの管弦楽曲を初演当時の楽器と演奏スタイルと会場で再現するという企画です。 スポンサーリンク 2014年に交響曲第1&2番でスタートして、この3月に第5&6番が発売され、交響曲9曲は全部出揃いました。   作曲当時の楽器と奏法を使って、演奏も再現しようという試みは、当初バッハ以前のバロッ…

  • 人気ブログランキング

こんにちは、 ともやんです。   グレン・グールド(1932-1982)が亡くなってもう40年近く経ちます。   その訃報に接した時は驚きました。   長寿が多いピアニストの中で50歳なんて早すぎます。   ※トロント カナダ   4月にグールドのソロによる、ベートーヴェンのピアノ協奏曲全集が、なんとLP5枚組で発売されます。   スポン…

  • 人気ブログランキング

こんにちは、 ともやんです。   シノーポリ指揮ウィーンフィルによるシューマンの交響曲第2番をご案内します。   今年は、ベートーヴェンの生誕250年ということで話題になっています。 一方シューマンも生誕210年を迎えました。   こちらは全く話題になっていません。 もしかして10年前の生誕200年の時は、それなりに話題になったのかもしれません。 スポンサーリンク

  • 人気ブログランキング

こんにちは、 ともやんです。   シノーポリ(1946-2001)は、第二次世界大戦後に生まれた指揮者の中では、将来の巨匠として嘱望されていた人です。   それが、僅か54歳で、他界されるとは、僕のその報を聞いた時非常に驚いた記憶があります。 その演奏は精緻を極め、人の心に鋭く突き刺さります。   僕は、ウィーンフィルを振ったシューマンの交響曲第2番を聴いて身震いした…

  • 人気ブログランキング

こんにちは、 ともやんです。   コバケンこと小林研一郎は、1940年(昭和15年)生まれなので今年で80歳になられます。   コバケンさんは、炎のコバケンと言われるほど熱演タイプ指揮者で、現在まで僕が一番実演を聴いた指揮者です。 初めて聴いたのが80年代ですからもう30年以上前のことです。 確かマーラーの復活だったと思いますが、長髪を振り乱しての指揮姿は、小澤征爾のようだなと…

  • 人気ブログランキング

こんにちは、 ともやんです。   ベートーヴェンは生涯弦楽四重奏曲を16曲残しています。   それらは20代からは、最後は最晩年まで作曲され、ベートーヴェンの生涯を通じて作曲され、特に後期の作品は、その内省的な内容で、晩年のベートーヴェンの心情を色濃く表現している言われています。   だから、僕自身も後期の弦楽四重奏曲は、まだなかなか聴き込めないでいます。 スポンサー…

  • 人気ブログランキング

山田一雄の世界

目安時間:約 9分

こんにちは、 ともやんです。   ヤマカズこと山田一雄さんは、東京都出身で1912年10月19日生まれで、1991年8月13日に78歳で亡くなりました。12年生まれというと、ギュンター・ヴァントと同い年で、14年生まれのラファエル・クーベリック、カルロ・マリア・ジュリーニと同世代です。   1908年生まれの朝比奈隆さんと日本のクラシック音楽を支えてきた一人です。 僕は、80年…

  • 人気ブログランキング

こんにちは、 ともやんです。   ラン・ラン(郎朗)は、1982年6月生まれで中国遼寧省瀋陽出身のピアニストです。 だからこの録音は、24歳の時の録音。   3才からピアノを学び、5歳で瀋陽ピアノ・コンクールで優勝して以来、数々のコンクールで優秀な成績を収めました。   1999年、17歳のとき突破口が訪れるます。   ラヴィニア音楽祭のガラ・コンサートで、…

  • 人気ブログランキング
最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報