シルヴィウス・レオポルト・ヴァイス(Sylvius Leopold Weiss 1687-1750) ドイツ後期バロック音楽の作曲家でリュート奏者。   1686年生まれ説もありますが、87年が正しいようです。 ヨハン・セバスチャン・バッハより2歳年下で同じ年に亡くなっています。 二人は親交もあり、一緒に演奏を楽しんだという記録もあります。   ヴァイスは、生前は最も有名で、か…

  • 人気ブログランキング

クレンペラーの偉大さを証明するとされる、彼の評伝、 「クレンペラー指揮者の本懐」シュテファン・シュトンポア編 野口剛夫訳 には、完全ディスコグラフィーが掲載されていますが、掲載されているのは3種類だけです。 【中古】 クレンペラー指揮者の本懐 / シュテファン シュトンポア / 春秋社 [単行本]【ネコポス発送】     でも、僕の手元には4種類があり、 本には2番目のフランス…

  • 人気ブログランキング

オットー・クレンペラーの演奏、 正確にいうと録音に残された演奏に惹かれ、聴きだし、 LP、CDを集めだして、もう30年近く経ちます。   もっと言えば、初めてクレンペラーのLPを購入したのが中学3年の時でしたので、 かれこれ45年ほど聴いてきたことになります。   でも、1972年に15歳の僕が初めて購入したシューマンの交響曲全集は、 僕が、あまりにも未熟過ぎてよく理解できなか…

  • 人気ブログランキング

今年は、年初から朝比奈隆、カラヤンの生誕110年だな、と思っていたら、 アンチェルも同い年だということで、同じく生誕110年なのです。   3人の中では、アンチェルがもっとも短命で、35年前の1973年に カナダのトロントで病で亡くなっています。   また、三人に共通しているのが、第二次世界大戦からの生還です。   朝比奈とカラヤンは、共に敗戦国の国民として、 生命の…

  • 人気ブログランキング

フルトヴェングラー生誕125周年を記念して ドイツのメンブラン・レーベルがリリースしたのは、 CD107枚組という超大型ボックスでした。   ボックス名は、THE LEGACY   つまりフルトヴェングラーの遺産ということでしょうか。   僕は、定価は2万円を超すようですが、 僕は新宿のディスクユニオンで半額ほどで購入しました。   このボックス全体のコメン…

  • 人気ブログランキング

カリンニコフという作曲家の名前を初めて知ったのは、 今から10年以上も前のことでした。   なんでも彼の作曲した交響曲第1番は、 交響曲史上もっとも美しい作品と言われているとか。   そして、この作品を取り上げた「クラシックは死なない」松本大輔著では、 出版の4~5年前、つまり20世紀の終わりごろから、 急激に人気が上昇してきたとか。   また、国内のクラシックファン…

  • 人気ブログランキング

1938年4月8日、カラヤンは、 ベルリンフィルへのデビューを飾りました。   しかも、ベルリン州立歌劇場の指揮もするようになり、 ベルリンでの活躍が目立つようになってきました。   当初は、カラヤンの存在を気にも留めていなかった フルトヴェングラーですが、徐々に無視できない存在となってきました。   そして、カラヤンのベルリンデビューから約1年後、 フルトヴェングラ…

  • 人気ブログランキング

音楽の聴き方に変わるかも。   いや世界的な流れ、特にアメリカでは、 ストリーミング配信が主流だそうです。   日本では、J-POPやロックなどは、 ダウンロードが台頭してきているようですが、CDもまだまだ健在です。   クラシック愛好家は、世代も中高年が多いようで、 新宿のディスクユニオンに行けば、僕くらいの世代のおじさんたちが、 一心に目当てのCDやLPを探してい…

  • 人気ブログランキング

フルトヴェングラーというと、 もっとも印象が強いのは、やはりベートーヴェンです。   しかもフルトヴェングラー自身、ベートーヴェンを得意としていて、 何度も飽きずに演奏していますし録音も多く残されています。   それに比べ、モーツァルトのなんと少ないことか。   録音が少ないということは、つまりコンサートでも取り上げていないし、 当然、本人も得意としておらず、レパート…

  • 人気ブログランキング

モーツァルトのCDは、たくさん持っていますが、 ヨーゼフ・クリップス指揮コンセルトヘボウ管との選集ほど、 指揮者、オーケストラ、録音3拍子揃って高水準というものなかなかありません。   しかも選集ということで21番から41番までという収録曲もいいですね。   ベーム、グラーフ、ホグウッドで全集を所有していますが、 正直、全てを聴いておりません。 僕の場合は、やはり20番台の25…

  • 人気ブログランキング

僕が、オットー・クレンペラー(1885-1973)の音楽に魅了され、 LP、CDを集めだしたのは、80年代の中頃からで、もう30年も前からのことです。   その頃は、CDが出てから数年という頃で、LPで出ていたものが、 CD化されて出始めたころでもあります。   そんなことから、お茶の水の中古レコードショップに行くと、 割と安価にLPが手に入り、僕はよく土曜日にお茶の水に行った…

  • 人気ブログランキング

ルイ・エクトール・ベルリオーズ(1803-1869)は、 1803年12月11日にサン=タンドレに生まれました。   12歳の時、フルートやクラリネットを演奏し、作曲を始めました。   17歳では、彼は父の命に従って医学を学びましたが、 医学は彼の心を楽しませることはありませんでした。   23歳でやっと父の許しを得てパリ音楽院に入学。   1928年、受験…

  • 人気ブログランキング




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング