シューマン

仙台フィル “つながれ心 つながれ力 がんばれ仙台フィル”

僕が応援する楽天イーグルス(東北楽天ゴールデンイーグルス)の2014年は背筋がぞくぞくするような興奮を覚えた年でした。震災から3年目。故星野監督のもと、エース田中将大投手を主軸にパ・リーグを制し、日本シリーズでジャイアンツを破り、初の日本一になったのです。
ベートーヴェン

ベートーヴェンが凄い!2020 第18回全交響曲連続演奏会

こんにちは、 ともやんです。 今年も大晦日に『ベートーヴェンは凄い!第18回全交響曲連続演奏会』が開催されることになりました。 昨日運営するメイ・コーポレーションから案内のハガキが届きました。 僕は、2015年から5回連...
ベートーヴェン

ベートーヴェン ピアノ三重奏曲第1番 作品1 メジャーデビュー

こんにちは、 ともやんです。 「ベートーヴェンの作品番号1は何でしょうか?」というクイズに正答できる音楽ファンは意外と少ないかもしれません。 そして実際に耳にした経験を持つ方はさらに少ないのではないでしょうか。...
ギーレン

ギーレン ブルックナー交響曲全集より第1番 ようやく入口に立った気分

昨年91歳で亡くなったドイツ生まれの名指揮者ミヒャエル・ギーレン(1927-2019)の録音から、『ミヒャエル・ギーレン・エディション第2集~ブルックナー』の第1番を聴きましたのでレポートします。ブルックナーの交響曲全9曲を10枚のCDに収めたボックスセットです。
ギーレン

ギーレン ブラームス交響曲第1番 リアルで真っ当な演奏

昨年91歳で亡くなったドイツ生まれの名指揮者ミヒャエル・ギーレンのブラームス交響曲全集から、第1番を聴きました。ギーレンの演奏を称して地域性、ロマン的情念、演奏習慣を排した、楽譜からのリアルな再現から「冷血」「外科医」「辣腕マネージャー」など言われることが多く、ついつい先入観を持って聴いてしまいます。
アバド

アバド&ウィーンフィル ベートーヴェン交響曲第2番&第5番 西ドイツ盤

僕の推測ですが、共に西ドイツ盤というのがポイントだと思います。ドイツが統一されたのが1990年10月3日。そしてアバド盤が録音されたのが87年、バーンスタイン盤が83年。多分リリースされたのが、それから数ヵ月から1年ほど後でしょうから、西ドイツ盤としてプレスされた数が少なく希少盤としての扱われたのだと思うのです。
ラヴェル

アシュケナージと木嶋真優とNHK交響楽団とラヴェルと

僕がクラシックを聴き始めた1970年時点で若手と言われていたアバド、小澤、アルゲリッチ、ポリーニ、そしてアシュケナージという人たちも既に70代後半から80代になり、アバドのように鬼籍に入られた方もいます。時の流れは残酷ですね。中学生だった僕も今や定年退職者です。
バルビローリ

バルビローリ マーラー交響曲第6番 おすすめ 衝撃のエンディング

今年2020年は、ジョン・バルビローリ(1899-1970)の没後50年に当たります。そういうこともありレコード会社からも特別記念盤が出ています。そしてバルビローリの名演も収録しているグスタフ・マーラー(1860-1911)の『生誕150年記念ボックスーマーラー・コンプリート・エディション』が、かなりお得。
エルガー

バルビローリ エルガー交響曲第1番&第2番 おすすめ

こんにちは、 ともやんです。 ジョン・バルビローリ(1899-1970)が得意とする、英国音楽からエルガーの交響曲第1番と第2番がSACDハイブリッドで7月24日発売予定で、ただいま予約受付中です。 発売予定が...
バルビローリ

バルビローリ ベートーヴェン交響曲第3番”英雄” おすすめ

ジョン・バルビローリ(1899-1970)。国籍はイギリス。 王立音楽院で、チェロを学び、1916年にクイーンズ・ホール管に入団するが、24年頃からは指揮者に転向、1933年にはスコティッシュ管の首席指揮者に就任し、37年から43年にはトスカニーニの後任として、ニューヨークフィルの首席指揮者を務めています。
タイトルとURLをコピーしました