コンヴィチュニー

コンヴィチュニー 名盤 シューマン交響曲全集より第3番&4番

フランツ・コンヴィチュニー(1901-1962)。 第二次世界大戦で荒廃した東ドイツにおいて、名門ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の再建など、東ドイツの音楽界復活に人生を掛けた硬骨漢です。僕の大好きな指揮者です。ただ、60歳という若さで他界したのが残念でなりません。
シューマン

コンヴィチュニー 名盤 シューマン交響曲全集より第1番&2番

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のヴァイオリン兼ヴィオラ奏者として出発。1930年にシュトゥットガルト歌劇場の音楽監督。その後、フライブルク、フランクフルト、ハノーファーの歌劇場の音楽監督を歴任。戦後、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管の常任指揮者(1949-62)。
ラフマニノフ

クライスラー 愛の悲しみと愛の喜び 映画『四月は君の嘘』と

こんにちは、 ともやんです。 映画『四月は君の嘘』を観ました。 いい映画です。 特に僕が印象に残っている場面の一つに次の場面があります。 主人公の公生は、幼少の頃から厳しい母の下でピ...
ベートーヴェン

デ・フリエンド&オランダ響 ベートヴェン交響曲全集より

ヤン・ヴィレム・デ・フリエンドは、1962年7月生まれのオランダ出身のヴァイオリニストであり指揮者。 実際の発音は、デ・フリーントもしくはデ・フリントの方が近い。1982年に古楽レパートリーを得意とする合奏団コンバッティメント・コンソート・アムステルダムを設立
ブルックナー

朝比奈隆 新日本フィル ブルックナー交響曲第5番 ライブ

LPレコードも300枚近くディスクユニオンに売却のための査定に出しました。ただ、誰しも考えることが同じか、それとも先方の人手不足問題のせいか、ディスクユニオンに出したLP約300枚は、査定が出せるのが、送付してから2ヵ月近く掛かり、7月初めということで、査定件数が多いと評価額も下がるかな。。。
ベートーヴェン

デュメイ フランス・ヴァイオリン名曲集 おすすめ

オーギュスタン・デュメイ(1949-)は、僕の好きなヴァイオリニストです。なんと言っても響きが美しく深くて心に響く演奏で、初めて聴いたのがピレシュとのディオでベートーヴェンのソナタを聴いた時からです。ピレシュを聴きたくてベートーヴェンを聴いたのですが、それからデュメイを聴くようになりました。
ベートーヴェン

宇野功芳&大阪交響楽団の第九 超おすすめ

中学生時代、10年後の自分という作文を書いた記憶があり、10年後なんて、遠い先と考えていたのに、気が付けば50年です。そう言えば、100歳で元気なお年寄りの何人かにインタビューした番組ありました。インタビュアーがいくつか質問して行くのですが、一つだけ、全員同じ回答がありました。
チャイコフスキー

群馬交響楽団 チャイコフスキー交響曲第1番 温かさに包まれて

日本オーケストラ連盟に加盟している日本の主要オーケストラは、25団体あります。多くが、首都圏、大阪、兵庫、京都、それに名古屋、札幌、仙台、広島、福岡といった人口100万人以上の都市が拠点。その中で、地方都市で頑張っているオーケストラが、アンサンブル金沢、山形交響楽団、そして高崎拠点の群馬交響楽団。
ショスタコービッチ

井上道義&大阪フィル ショスタコーヴィチ交響曲第7番

井上道義の指揮には、昨年9月に日本フィルの定期公演が、相模女子大のグリーンホールで行われた時聴きに行き接しています。目的は、リストの死の舞踏で、アリス=紗良・オットが独奏者で出演するというので、彼女見たさで行きました。
ブラームス

小林研一郎&読売日響 ブラームス第4番とシューマン第4番

こんにちは、 ともやんです。 読売日本交響楽団は、1962年4月に読売新聞社、日本テレビ放送網、讀賣テレビ放送が母体となって創設されたオーケストラです。 なお、新聞社が母体となるオーケストラは世界的にも珍しいそ...
タイトルとURLをコピーしました