メルマガ登録

ボロディン弦楽四重奏団 結成60周年記念盤より

目安時間:約 9分

長く、クラシック音楽のファンを自称していながら、 まだまだ知らない曲はたくさんあります。   多分これからの生涯を掛けてどれだけ聴くことが出来るかですが、 逆に生涯を掛ける趣味としてはもってこいで、   どれだけの名曲を聴いていくことができるかと思うだけでも 少しでも長く生きたいという意欲につながると思います。   ボロディンの弦楽四重奏曲第2番は、有名な曲だそうで、…

  • 人気ブログランキング

向井山朋子 Women Composerを聴け!

目安時間:約 7分

おはようございます、ともやんです。   今日から国としては9連休ですね。 皆さまはいかがお過ごしされますか?   僕は勤める会社は休みにしていますが、独立後の仕事があるのでこの9連休はみっちり自分の仕事をする予定です。   日本は、欧米諸国などに比べて国民の祝日が多い国だそうです。 根底には、休まず働くのが美徳という思想があり、お上が無理やり休みにしてやっている的な上…

  • 人気ブログランキング

僕は、1980年代の終わりから、90年代の前半に掛けて、 10数回仕事でモスクワに行きました。   ちょうとゴルバチョフがペレストロイカを推し進めていた時代で、 僕が、仕事で行っている数年間で、ロシアは、 共産党独裁がなくなり、ソビエト連邦も崩壊しました。   一次は、難民がモスクワの市街地も溢れ、混乱していましたが、 そこは民衆の底力でしょうか、そんな時間を掛けずに、 市民の…

  • 人気ブログランキング

トーマス・ダウスゴー(Thomas Dausgaard, 1963年7月4日 – )はデンマークの指揮者。   コペンハーゲンに生まれ、 同地の王立デンマーク音楽院、ロンドンの王立音楽大学に学ぶ。   1997年よりスウェーデン室内管弦楽団の首席指揮者、 2001年から2004年までDR放送交響楽団(デンマーク国立交響楽団)の首席客演指揮者、 2004年より同首席指揮者。 &n…

  • 人気ブログランキング

ルロイ(リロイ)・アンダーソン(Leroy Anderson、1908年6月29日 – 1975年5月18日)は、 アメリカの作曲家です。   軽快で諧謔性に富んだ曲調の管弦楽曲で知られています。   ほとんどの作品はアーサー・フィードラーの指揮する ボストン・ポップス・オーケストラによって紹介されました。   作曲家ジョン・ウィリアムズは「アメリカ軽音楽の巨匠」と評…

  • 人気ブログランキング

ラフマニノフの全4曲のピアノ協奏曲を収めたアルバムで、 アゼルバイジャンのバクー出身で 1961年生まれのオレグ・マルシェフのピアノと   ※オレグ・マルシェフ(1961年生まれ)   スコットランド出身のジェイムズ・ロッホランが 指揮するデンマークのオーフス交響楽団という ユニークな組み合わせの全集です。   と思ったら、録音年の2001年当時は、 ロッホランは、オ…

  • 人気ブログランキング

シュタルケルの名盤 ハイドンチェロ協奏曲集

目安時間:約 6分

ヤーノシュ・シュタルケル(1924-2013)は懐かしいチェリストです。   僕がまだ小学生の高学年だったこと、叔父の家に遊びに行くと、 一回り年上の叔父は、買ったばかりのステレオセットを自慢して、 よくLPレコードを聴かせてくれました。   ポール・モーリアなどのイージーリスニングもありましたが、 僕は、クラシックを聴かせてほしいとせがんだものです。   その時、叔…

  • 人気ブログランキング

おはようございます、ともやんです。   今日は、アンドリス・ネルソンスとバイエルン放送響とのドヴォルザークの“新世界より”をご案内します。   ネルソンスは、1978年11月生まれですからまだ40歳。 30代で世界のほんとどのメジャーオーケストラを指揮して、現在もっとも忙しい指揮者の一人です。   ドヴォルザークの“新世界より”は、ドイツ国内でもコンサートで取り上げて…

  • 人気ブログランキング

こんにちは、こめまるです。   クラシック音楽の楽しみ方はひとそれぞれで、他人がとやかく言うものではありません。   一人の作曲家、演奏家にハマりそればかり聴く人、または演奏家の追っかけをやる人。 バロックを中心に聴く人、それこそルネッサンスの頃から現代まで幅広く聴く人、好きな作曲家や曲目でいろんな演奏を聴き比べて楽しむ人、一括りでクラシック音楽ファンといってもファンの人数同様…

  • 人気ブログランキング

今日は、指揮者山田一雄の名盤をご案内します。   山田一雄が70年代から80年代に掛けて行った演奏会のライブ録音から誰でも知っているクラシックの名曲をお届けします。   2012年に山田一雄の生誕100周年を記念してリリースされた記念盤です。   ビゼーの「アルルの女」など初CD化された曲もあり、ファンならずとも嬉しいCDです。   山田一雄のライブ &nb…

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調 作品60 グスタフ・クーン指揮ボルツァーノ・トレント・ハイドン管弦楽団 2005年11月~2006年5月ライブ録音。   指揮者クーンは、本物の芸術家であり職人です。 この4番にも打ちのめされました。   この有機的な響きは、このデジタルな世の中にあって稀有な存在です。   1970年代ころまでの大らかでゆるかった時代の伸びやかさ…

  • 人気ブログランキング

ドヴォルザーク:交響曲第1番 ハ短調 作品3 「ズローニチェの鐘」 イシュトヴァン・ケルテス指揮ロンドン交響楽団 1966年録音 ↓ ケルテス&ロンドン響 ドヴォルザーク交響曲全集   ドヴォルザーク(1841-1904)は、生前に5つの交響曲を発表して、最後の「新世界より」は5番となっていました。   しかし、遺作が4つあり、大戦後にプラハから発行されているドヴォルザーク作品…

  • 人気ブログランキング




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村