こんにちは。 ともやんです。   ベームのチャイコフスキー?と意外に思ったのは、 もうかなり前、渋谷の中古レコード店で、そのLPを見つけたからです。   しかし、当時は他に買うLPが多くあり、そこまで余裕がなく、 今度にしようと見送ったが最後、多分30年経ってしまいました。   これは中古店で巡り合ったLPなりCDはその時買わなければ、 いつ再会するかわからないから、…

こんにちは。 ともやんです。   エフゲニー・ムラヴィンスキーは、1903年レニングラード生まれで、1988年に他界しました。 翌年にベルリンの壁崩壊などのソ連を含めた東欧の民主化を見ることなく逝ってしまいました。 スポンサーリンク   ムラヴィンスキーは、最初役者を目指して劇場に入るが、シャリアピンの歌などに触発されて音楽に転向。正規に作曲と指揮法を学び、卒業後指揮活動を始め…

アリス=紗良・オット リスト超絶技巧練習曲集

目安時間 6分

今年の一番のトピックスは、ナクソス・ミュージック・ライブラリー(以下NML)に登録してストリーミング配信で、数々の名盤が、毎月定額で聴かれるようにしたことです。   毎月、\1,850+消費税で、NMLの12万セット以上ライブラリーを聴き放題なのです。   金額にして2億円以上のCDを楽しめるわけで、いままで毎月のCD代1万円以上使っていた僕には、NMLは大変経済的にも都合がよ…

カール・ベーム ベートーヴェン”田園”永遠の名盤   ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第6番ヘ長調作品68 カール・ベーム指揮 ウィーンフィルハーモニー管弦楽団   第1楽章:Allegro ma non troppo 12:23 第2楽章:Andante molto mosso  14:01 第3楽章:Allegro          05…

こんにちは。 ともやんです。   フェレンツ・フリッチャイの悲愴は、 1959年にグラモフォン初の悲愴の ステレオ録音として録音されましたが、 いくつかの理由で発売されず お蔵入りとなり幻の録音と言われていました。   しかし、録音から37年経った1996年に初めて発売され、 その凄まじい演奏に世界が涙した名演です。   クラシック音楽を愛する人たち全てに聴いてもらい…

こんにちは。 ともやんです。   僕は、ブルックナーが大好きです。 今では、ヨッフム、朝比奈、ヴァントというブルックナーを得意とする指揮者のCDを良く聴きます。   そんな僕ですが、最初に買ったブルックナーのアナログレコードは、カラヤン指揮ベルリンフィルによる1970年の演奏だったのです。 スポンサーリンク この古いLPは、ジャケットも破れたりしていますが、いまでの大切に持って…

最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報