メルマガ登録

広上淳一 伊福部昭 SF交響ファンタジー

こんにちは、
ともやんです。

今朝、郵便受けから朝刊を取り出した時、一枚のハガキも入っているのに気づきました。

ハガキを一目見て、1年も後半になったんだなと実感。

届いていたハガキは、今年の大晦日に行われるコンサートの案内でした。

第20回ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会

昨年までこのコンサート最多の出演数を誇っていたコバケンこと小林研一郎氏が勇退となり、今年は広上淳一氏が指揮することになりました。

今後は、広上氏が続けるのか、または年によって異なるかは定かではありませんが、個人的にはいろんな指揮者の方にやってほしいな、なんて思っています。

スポンサーリンク

広上淳一 名盤 伊福部昭 SF交響ファンタジー

広上氏は大好きな指揮者。

同世代(広上氏は1歳年下の’58年生まれ)でもあり、そのキレのある指揮とサンダーバードの音楽やゴジラ映画の音楽なども録音していて昭和30年代生まれのおじさん心にノスタルジーの灯りを灯してくれています。

届いていたハガキは、先行販売のお知らせで、S席からB席までの高額席用です。
僕は、いつもC席10,000円(昨年まで8,000円)を予約するので、こちらの販売は7月16日(土)10:00からの予定です。

昨年まで7年連続で聴きに行っています。

特に2020年は、コロナ拡大で開催がなかなか決まらずやきもきしましたし、コバケンさんも終始マスク着用で指揮すると異例な事態でした。

60歳の中盤になった僕にとって、毎年このコンサートに行けるのが励みになっています。
お願いだから、僕が生きている間に終わんないでね、というのが一番の願いですね。

さて、今日ご紹介する広上氏のアルバムについて。

誰もが知っている名作怪獣映画音楽の数々を、伊福部昭自らがフル・オーケストラのためにメドレー風に編曲した『SF交響ファンタジー』3部作を収録。

『ゴジラ』をはじめとした伊福部音楽をコンサートホールで直接聴きたい、という怪獣映画ファンの長年の夢をかなえた人気作品たち。

広上淳一と日本フィルハーモニー交響楽団による当録音は、作曲家監修のもとセッション録音で丁寧に作り上げられた名録音。

1997年に発売されたCDは大ベストセラーを記録している名盤です。

スポンサーリンク

伊福部 昭の芸術4 宙 伊福部 昭 SF交響ファンタジー

SF 交響ファンタジー第1番 (1983)
1. ゴジラの動機
2. 間奏部
3.「ゴジラ」タイトル・テーマ
4.「キングコング 対 ゴジラ」タイトル・テーマ
5.「宇宙大戦争」夜曲
6.「フランケンシュタイン 対 地底怪獣」バラゴンの恐怖
7.「三大怪獣 地球最大の決戦」
8.「宇宙大戦争」タイトル・テーマ
9.「怪獣総進撃」マーチ
10.「宇宙大戦争」戦争シーン
total(14:46)

SF 交響ファンタジー第2番 (1983)
1.「奇巌城の冒険」タイトル・テーマ
2.「三大怪獣 地球最大の決戦」キングギドラのテーマ
3.「キングコング 対 ゴジラ」格闘音楽
4.「モスラ 対 ゴジラ」聖なる泉
5.「大怪獣バラン」タイトル・テーマ
6.「三大怪獣 地球最大の決戦」山岳音楽
7.「キングコングの逆襲」逃走音楽
8.「キングコングの逆襲」エレメントX
9.「サンダ 対 ガイラ」自衛隊マーチ
10.「空の大怪獣ラドン」飛行音楽
11.「サンダ 対 ガイラ」自衛隊マーチ
total(15:43)

SF 交響ファンタジー第3番 (1983) …12:48
1.「怪獣総進撃」タイトル・テーマ
2.「キングコングの逆襲」メカニコングのテーマ
3.「キングコングの逆襲」愛のテーマ
4.「海底軍艦」テーマ
5.「キングコング 対 ゴジラ」キングコングの輸送
6.「キングコング 対 ゴジラ」格闘音楽
7.「海底軍艦」マーチ
8.「地球防衛軍」マーチ
total(12:48)

倭太鼓とオーケストラのためのロンド・イン・ブーレスク(1972/83)
total(10:11)

伊福部 昭の芸術4 宙 伊福部 昭 SF交響ファンタジー 広上淳一 日本フィルハーモニー交響楽団

キング・レコードと日本フィルハーモニー交響楽団共同企画シリーズの、作曲家、伊福部昭の監修による作品集。



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました