作曲家

ブルックナー

ブルックナー交響曲第3番 ボルトン&モーツァルテウム管弦楽団

こんにちは、 ともやんです。 クラシック音楽は、作曲者が作曲して楽譜にして、そして演奏者が演奏会場に観客を集めて初めてなりたつ芸術です。 だから、作曲者は楽譜にしながら、実際の音にする場合、オーケストラの人数や会場の環境、...
J・S・バッハ

バッハ ヴァイオリン協奏曲集 佐藤俊介&イル・ポモ・ドーロ

こんにちは。 ともやんです。 ヴァイオリニスト佐藤俊介。 1984年(昭和59年)東京生まれ、ということは今年34歳。 新進気鋭のと書こうと思い、経歴を見ると、とんでもない人です! ※CDのブックレットより ...
チャイコフスキー

ヴァシリー・ペトレンコ チャイコフスキー バレエ音楽集

こんにちは、 ともやんです。 僕は、1980年代の終わりから、90年代の前半に掛けて、10数回仕事でモスクワに行きました。 ちょうとゴルバチョフがペレストロイカを推し進めていた時代で、僕が、仕事で行っている数年間で、ロシア...
ベートーヴェン

カール・ベーム 名盤 ベートーヴェン 交響曲第9番

こんにちは、 よしおです。 クラシックを聴き始めた70年代、ベーム&ウィーンフィルのコンビは凄い人気でした。 でも50年代のベームと比べるとその厳しさは影を潜めやすらぎすら感じる演奏です。 でもいまその脱力系の演奏に味わいを...
ハイドン

アンドレ・プレヴィン 人気度ランキング トップ5

こんにちは、 ともやんです。 今年は、アンドレ・プレヴィンの三回忌。 それを記念して稼働は別としてワーナー録音全集が4月23日に発売されます。 CD96枚組で、値段も20,000円を超します。 しかし、内容は値段以上の...
ショパン

ヴィニツカヤ ショパン 4つのバラードと4つの即興曲

こんにちは、 ともやんです。 アンナ・ヴィニツカヤは、ロシアのノヴォシビルスク出身のピアニスト。 1983年生まれで今年38歳ですから、もの若手ではありません。 30代の頃、仕事でモスクワに何度か行きました。 途中、飛行機...
プレヴィン

アンドレ・プレヴィン ベートーヴェン 交響曲第5番 ワーナー録音全集

こんにちは、 ともやんです。 アンドレ・プレヴィンが、89歳の高齢に亡くなったのが2019年2月28日のことでした。 クラシックを聴き始めの頃は、プレヴィンは40歳頃で、ジャズや映画音楽で名を馳せクラシックに転向した人ということで...
ブラームス

山田和樹 仙台フィル 変奏曲特集

こんにちは、 ともやんです。 山田和樹は、僕がいま一番聴きたいと思っている指揮者です。 本日のチケットぴあでチェックしてみると 仙台フィルハーモニー管弦楽団 2月28日(日)仙台フィル 仙台銀行ホール イズミティ2...
ベートーヴェン

アルヘンタ スペイン国立交響楽団 ベートーヴェン交響曲第3番

こんにちは、 ともやんです。 クラシックの演奏家は、飛行機を利用することが多いのか、事故で若い才能を散らした人が多いような印象を受けます。 指揮者のグイド・カンテッリ36歳、ヴァイオリニストのジネット・ヌヴー30歳、ピアニスト...
セル

ジョージ・セル 名盤 ブラームス交響曲第3番

こんにちは、 ともやんです。 ハンガリーのブタペスト生まれで、クリーヴランド管弦楽団を世界のトップクラスにまで育てた名指揮者ジョージ・セル。 昨年2020年が、没後50年でした。 手兵クリーヴランド管弦楽団とは、ステレオで膨...
タイトルとURLをコピーしました