J・S・バッハ

アンナー・ビルスマの70歳記念盤より バッハ無伴奏チェロ組曲

こんにちは。 ともやんです。 チェロという楽器の響きが好きです。 人間の肉声の音域なので、落ち着くのだそうです。 このCDは、オランダのバロック・チェロ奏者、アンナー・ビルスマ(1934年生まれ)の70歳を記...
ヘンデル

ガーディナー ヘンデル“メサイア” 合唱曲集 羽毛の心地よさ

こんにちは。 ともやんです。 僕が所属する合唱団の次の定演は、2020年9月26日に決まりました。 ※結局、新型コロナ禍により延期になり、現時点(2021年4月3日)で開催日未定です。 曲目は、ヘンデルのオラトリオ「メサ...
クリップス

クリップス&コンセルトヘボウ管 モーツァルト交響曲選集

こんにちは。 ともやんです。 モーツァルトが、1772年~74年、16才から18才に掛けて書いた交響曲をクリップス&コンセルトヘボウ管、しかも素晴らしい録音でき聴かれることはただただその幸せに感謝します。 現代の高校生が3年間...
シュミット=イッセルシュテット

シュミット=イッセルシュテット ベートーヴェン交響曲全集

こんにちわ、 ともやんです。 クラシック音楽の一番の楽しみは、ある曲を別々の演奏家が演奏する違いを楽しむことです。 その違いは、演奏家の解釈、テクニックなどによって異なるのですが、僕はその演奏家の信念、人格によっても違ってくる...
モーツァルト

ヨッフム モーツァルト 交響曲第39番-41番

こんにちわ、 ともやんです。 オイゲン・ヨッフム(1902-1987)は、ドイツの名指揮者で年代的にはベームとカラヤンの中間。 ハンス・シュミット=イッセルシュテットと同世代です。 ヨッフムというと紳士的で温厚な印象があ...
ベートーヴェン

岩城宏之 ベートーヴェン交響曲全集 1960年代 NHK交響楽団

こんにちは、 ともやんです。 太平洋戦争の敗戦から20年以上経った、昭和40年代。 新幹線が開通し、東京オリンピックが開催され、ザ・ビートルズが来日し、大阪の万国博覧会を数年後に控えていた頃。 日本は、高度成長期...
ショパン

仲道郁代 ショパン夜想曲集

こんにちは、 ともやんです。 コンサートで目を閉じて聴いている人がいるそうです。 せっかく生演奏に接する機会ですから、コンサートは、目で観て、耳で聴いて楽しまないともったいないですね。 仲道郁代のコンサートには、男性ファ...
ブラームス

ブラームス セレナーデ第1番&第2番 伝統の響き

こんにちは、 ともやんです。 ブラームス(1833-1897) セレナーデ第1番 ニ長調 作品11 クルト・マズア指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 1980年録音 もう30年近く前のこと、独身の僕は休日...
クレンペラー

クレンペラーの名盤 ベートーヴェン交響曲第5番&第7番 地響き立てる迫力

20世紀が生んだ、歴史的な巨匠、オットー・クレンペラーは、第2二次世界大戦の中、ユダヤ人ということで、多くの音楽家が不運だったようにその働き盛りを不遇に送らなければなりませんでした。しかも逃避先で大きな怪我をしたり、大病を患ったりして、数々の苦難に遭遇した人でもあります。
ティントナー

ティントナーの名盤 ブルックナー交響曲第4番 神がかりの美しさ

晩年に録音したブルックナーの交響曲全集により、ティントナーの名前は永遠に残るでしょう。世代的にいうとバーンスタイン、クーベリック、ジュリーニが同世代。ショルティ、ザンデルリンクが5歳上で、ケーゲルが3歳下。その人生は、若き日にナチスドイツに迫害され、最後にようやくたどり着いた境地は・・・
タイトルとURLをコピーしました