ザルツブルク音楽祭

アーノンクール

アーノンクール&ウィーンフィル ベートーヴェン交響曲第1&7番

こんにちは、 ともやんです。 アーノンクール指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団による、ベートーヴェン交響曲第1&7番を聴きました。 2003年8月29日のザルツブルク音楽祭でのライブです。 ↓ 【CD】 ベートーヴェ...
ベートーヴェン

ベーム&ウィーンフィル ベートーヴェン交響曲第2番&第7番 1980

こんにちは。 ともやんです。 1980年8月17日のザルツブルク音楽祭でのベーム&ウィーンフィルのベートーヴェンが凄いです。 亡くなる1年ほど前。 ベームはあと数日で86歳の誕生日を迎えようとしていまいした。 爺さん、...
カイルベルト

カイルベルト ベートーヴェン交響曲第3番”英雄” ドイツ魂の正統派

こんにちは。 ともやんです。 ヨーゼフ・カイルベルト(1908-1968)は、ドイツはカールスルーエ出身の名指揮者です。 カラヤンや朝比奈隆と同い年ですが、惜しくも60歳で亡くなりました。 以前どこかで読...
モーツァルト

ミトロプーロス ザルツブルク音楽祭 モーツァルト『ドン・ジョバンニ』

1957年生まれの僕にとっては、19世紀生まれの巨匠たちが活躍した50年から60年代の実演を聴くことは出来ませんでした。 トスカニーニ、ワルター、シューリヒト、クレンペラー、フルトヴェングラー、クナッパツブッシュといった20世...
モーツァルト

ブルーノ・ワルター シカゴ響 モーツァルト レクイエム

こんにちは、 ともやんです。 ブルーノ・ワルター81歳の時のライブ録音。 しかも珍しいシカゴ交響楽団とものもので、80歳の老人のどこにそんな激しさがあるのかと思わせる部分と慈しみ憐れむ部分では、ワルターの独壇場でまさに歴史的な...
シューリヒト

シューリヒトとウィーンフィルの英雄 61年ザルツブルク音楽祭にて

カール・シューリヒト(1880-1967)ドイツの名指揮者。 僕の大好きな指揮者で、聴き始めた頃は、 飄々として軽快で、味わいのある好々爺的な演奏をする人かな、 と思っていましたが、いやいや、いろんな録音を聴き...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー メンデルスゾーン 味わいの名演

こんにちは。 ともやんです。 フルトヴェングラーというと、もっとも印象が強いのは、やはりベートーヴェンです。 また残されている録音の多さからや重要なコンサートでは、ベートーヴェンをプログラムのメインに置いて...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラーのバッハ バロック時代のスタイルを超えて

こんにちは、 ともやんです。 フルトヴェングラーのザ・レガシーというCD107枚組を購入したにも関わらず、 なかなか聴き進めていなかったのは気になっていました。 ↓ ↓ ↓ Wilhelm ...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー 最後のウィーンフィルとのコンサート

こんにちは、 ともやんです。 フルトヴェングラーが、聴衆の前で最後に指揮したのは、1954年9月19日と20日、ベルリンの芸術週間という音楽祭ででした。 プログラムが、ベートーヴェン交響曲第1番と自作の交響...
カラヤン

カラヤンの名盤 究極チューンのF1レーサーだ!チャイコフスキー4番

カラヤンのチャイコフスキー交響曲第4番 ピョートル・チャイコフスキー(1840-1893) 交響曲第4番ヘ短調作品36 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 Ⅰ:Andante soste...
タイトルとURLをコピーしました