ヤッシャ・ホーレンシュタイン(1898-1973)は、 オーストリア人を母親にキエフに生まれました。   1911年に家族に連れられウィーンに転居し、 同地でフランツ・シュレーカーほかに師事して、東洋哲学、作曲を学びました。   ※ウィーン   その後、ベルリンに移ってヴィルヘルム・フルトヴェングラーの助手を務めながら、 1920年代からはウィーン交響楽団、ベルリンフ…

  • 人気ブログランキング

オイゲン・ヨッフム(1902-1987)は、ドイツの名指揮者で決してスター的な存在ではないですが、ブルックナーの権威として知られています。   またベートーヴェン、ブラームスでは、誠実で堅実にして重厚な演奏を聴かせてくれますが、そこには常に人間的な温もりを併せ持っていて、ヨッフムでそれらの演奏を聴くと、なんか幸せになります。   しかも、ナチスドイツ下で演奏を続けながら、ナチス…

  • 人気ブログランキング

フルトヴェングラーの魅力 世渡り下手の純粋な芸術家   フルトヴェングラーは、音楽以外の事に関しては、素朴と言うか要領が悪いというか世渡りがとてもうまい人とは思えませんでした。   むしろ世渡り下手と言ってもいいくらいで、結局結果として最後の最後までドイツに留まることになり、よくぞスイスに逃れられたと思います。   もちろんフルトヴェングラーには、「政治と音楽はまった…

  • 人気ブログランキング

フルトヴェングラーへの想い ヴィリヘルム・フルトヴェングラー(1886-1954) ドイツの指揮者・作曲家。   多分、日本において過去の指揮者の中でも、もっとも人気の高い一人でしょう。いや、もしクラシック音楽マニアの指揮者部門の投票をしたとしたら、ダントツで一位かもしれません。   僕も今から47年前の13才の中学生2年生の冬に、北陸・富山のレコード屋で、フルトヴェングラー指…

  • 人気ブログランキング

エーリッヒ・クライバーのベートーヴェン   ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第3番 変ホ長調 作品55”英雄” Ⅰ Allegro con brio 14:00 Ⅱ Marcia Funebre:Adagio assai 15:25 Ⅲ Scherzo & Trio:Allegro vivace 04:01 Ⅳ Finale.Allegro m…

  • 人気ブログランキング

フルトヴェングラーの運命   ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第5番ハ短調作品67“運命” ウィリヘルム・フルトヴェングラー指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団   第1楽章:Allegro con brio 第2楽章:Andante con moto 第3楽章:Allegro.Attacca 第4楽章:Allegro 1926年10月1…

  • 人気ブログランキング

ワルターのベートーヴェン交響曲   ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第5番ハ短調作品67“運命” 交響曲第7番イ長調作品92 ブルーノ・ワルター指揮 コロンビア交響楽団 録音1959年   交響曲第5番ハ短調作品67“運命” 第1楽章:Allegro con brio   6:21 第2楽章:Antdante con moto 10:47 第…

  • 人気ブログランキング

ウィリヘルム・フルトヴェングラーが、 1954年11月30日に亡くなって、もう63年近く経ちます。   中学生だった僕は、初めてフルトヴェングラーの名前を知って、 LPレコードを購入したのが、1971年。   そのLPは、コロンビアレコードから出ていた、 ウィーンフィルとのベートーヴェンの「英雄」。   1944年録音のもので、ウラニアの英雄として有名な録音でした。 …

  • 人気ブログランキング

ヨッフム 誠実で格調高いモーツァルト

目安時間:約 3分

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791) 交響曲第39番 変ホ長調 K.543 交響曲第40番 ト短調 K.550 オイゲン・ヨッフム指揮 バンベルグ交響楽団 1982年3月、11月録音   オイゲン・ヨッフム(1902-1987)は、ドイツの名指揮者で 年代的にはベームとカラヤンの中間で、シュミット=イッセルシュテットと同世代です。 ヨッフムというと紳士的で温厚な…

  • 人気ブログランキング

クレンペラー 50代のブラームス 貴重な録音

目安時間:約 3分

ブラームス(1833-1897) 交響曲第1番 ハ短調 作品68   オットー・クレンペラー指揮 ドイツ国立歌劇場管弦楽団 1928年2月3日録音   いまからなんと90年近く前の録音ながら充分鑑賞に堪えるだけの音質で有難いです。   ワイマール共和国時代(1919~1933)のベルリンには、国立歌劇場と市立歌劇場の二大歌劇場がありましたが、プロイセン文化省が新作の上…

  • 人気ブログランキング

1938年、ドイツはオーストリアを併合、 さらに、ミュンヘン会談によって チェコスロヴァキアの一部であるズデーテンのドイツ併合も決まった。   こうしてヒトラーの領土拡張の野心は現実のものとなっていき、 世界大戦への序章が始まりました。   さらに、ドイツ国内では11月にユダヤ人が大量虐殺される 「水晶の夜」事件が起きました。   このような年に、ヘルベルト・フォン・…

  • 人気ブログランキング




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング