ナチス

マーラー

ワルターの名盤 マーラー交響曲第4番

グスタフ・マーラー(1860-1911) 交響曲第4番 ブルーノ・ワルター指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック デシ・ハルバン(ソプラノ) 1945年NY(モノラル) ブルーノ・ワルター、マーラー・ライヴ集...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー ブラームス交響曲第2番 戦時中最後の演奏

フルトヴェングラーは、44年の10月と11月に1人の女医の訪問を受けた。その女医は、ナチス幹部のヒムラーの妻の主治医で、その患者であるヒムラーの妻から、ナチスの情報得ることが出来た。その中で、フルトヴェングラーの命が狙われているという情報の得たので、フルトヴェングラーに伝えてきたのです。
ドヴォルザーク

ホーレンシュタインの名盤 新世界よりは、端正にして風格の名演

ヤッシャ・ホーレンシュタイン(1898-1973)は、 オーストリア人を母親にキエフに生まれました。 1911年に家族に連れられウィーンに転居し、 同地でフランツ・シュレーカーほかに師事して、東洋哲学、作曲を学びま...
ヨッフム

ヨッフムのベートーヴェン交響曲全集 フルトヴェングラーの影と温かみ

オイゲン・ヨッフム(1902-1987)は、ドイツの名指揮者で決してスター的な存在ではないですが、ブルックナーの権威として知られています。 またベートーヴェン、ブラームスでは、誠実で堅実にして重厚な演奏を聴かせてくれますが、そ...
クナッパーツブッシュ

クナッパーツブッシュ ブラームス交響曲第3番 戦時下の凄演

クナッパーツブッシュは、ブラームスの交響曲では第3番を好んだようで、何種類か録音が残されています。 その中では、この44年の戦時下末期の明日を知れぬ中での演奏はひと際、70年の時空を超えて、魂に響くものがあります。 ...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラーのベートーヴェン 第5番聴き比べ 戦後篇

フルトヴェングラーの魅力 世渡り下手の純粋な芸術家 フルトヴェングラーは、音楽以外の事に関しては、素朴と言うか要領が悪いというか世渡りがとてもうまい人とは思えませんでした。 むしろ世渡り下手と言ってもいいくらいで、結...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラーのベートーヴェン 第5番聴き比べ 戦前・戦中篇

フルトヴェングラーへの想い ヴィリヘルム・フルトヴェングラー(1886-1954) ドイツの指揮者・作曲家。 多分、日本において過去の指揮者の中でも、もっとも人気の高い一人でしょう。いや、もしクラシック音楽マニアの指揮者部...
エーリッヒ・クライバー

エーリッヒ・クライバーの名盤 正義を貫くのは辛いぜ、孤独な闘い

エーリッヒ・クライバーのベートーヴェン ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第3番 変ホ長調 作品55"英雄" Ⅰ Allegro con brio 14:00 Ⅱ Marcia Fune...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラーの“運命”初めての録音から輝かしい未来のはずが

フルトヴェングラーの運命 ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第5番ハ短調作品67“運命” ウィリヘルム・フルトヴェングラー指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 第1楽章:A...
ベートーヴェン

ブルーノ・ワルターのベートーヴェン“運命” 老いてなおほとばしる情熱

ワルターのベートーヴェン交響曲 ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第5番ハ短調作品67“運命” 交響曲第7番イ長調作品92 ブルーノ・ワルター指揮 コロンビア交響楽団 録音1959年 ...
タイトルとURLをコピーしました