こんにちは。 ともやんです。   ジョージ・セルは、僕が、クラシック音楽に興味を持ち出した中学生の頃(1970年~72年)、カラヤン、ベーム、バーンスタインほどではなかったけど程よくレコードが出ていた指揮者でした。   1970年、大阪万博の年に最初で最後の手兵のクリーブランド管弦楽団と来日公演も果たしています。 スポンサーリンク しかし、残念ながら来日公演の2ヵ月後には、73…

  • 人気ブログランキング

こんにちは、 ともやんです。   ハンス・シュミット=イッセルシュテット(1900-1973)はドイツの名指揮者で僕の大好きな指揮者です。   彼の遺した録音のCDやLPをこつこつ集めていますが、1950年から64年の録音を集めたCD30枚組のセットは、意外な選曲もあって彼の芸術を知る打ってつけのセットです。   今回は、モーツァルトのレクイエムを聴きました。 &nb…

  • 人気ブログランキング

ヨッフムの名盤 ハイドン ロンドン交響曲

目安時間:約 4分

オイゲン・ヨッフム(1902-1987)は、僕の好きな指揮者の一人です。   1960年に初来日して以来、度々来日され、最後は亡くなる半年前の86年だったことを思うと、実演を聴かれなかったのが残念です。   ヨッフムの演奏は、当たり前のことをちゃんと演奏する正攻法なもので、そこに細工的物は感じません。   そして何より、その人柄がにじみ出るような温かみの演奏に心が打た…

  • 人気ブログランキング

僕は、クラシック音楽、それも指揮者の演奏のあれこれについて魅せられてしまい、それこそ中学生だった50年前からいろんな指揮者の聴き比べをしてきました。   中学生の頃の僕の夢は、音楽評論家になって、やれベートーヴェンの英雄なら、誰々の指揮でオーケストラはどこどこで、いつの日のコンサートライブがいいよ、なんて話をずっとしていたいタイプです。   よく妻に言われるのですが、それだった…

  • 人気ブログランキング

カール・ベーム ベートーヴェン”田園”永遠の名盤   ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第6番ヘ長調作品68 カール・ベーム指揮 ウィーンフィルハーモニー管弦楽団   第1楽章:Allegro ma non troppo 12:23 第2楽章:Andante molto mosso  14:01 第3楽章:Allegro          05…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   ナージャ・サレルノ=ソネンバーグ(以降ナージャ)は、1961年生まれの女流ヴァイオリニスト。   今年で58才ですが、本日紹介するメンデルスゾーンのCDが出た1987年当時は、まだ20代で、TVで観たそのワイルドなステージから僕はヴァイオリン界のアルゲリッチと感じていました。   しかし、このCDが出た時は話題になりまし、評論家の宇野…

  • 人気ブログランキング
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村