メルマガ登録

フルトヴェングラーの名盤 シューベルトの未完成が凄い!

こんにちは、
ともやんです。

フルトヴェングラーは、第二次大戦後、ナチに協力した疑いで、それが晴れるまで演奏活動を禁止されていました。

紆余曲折の末、なんとか2年後の47年5月に復帰コンサートを開催して、ベルリンに戻ってきました。

ドイツ敗戦直後から、フルトヴェングラー不在の間、ベルリンフィルを守ってきたチェリビダッケとの2頭体制となりました。

ただ、ここで三者の思惑が交錯して、なかなかしっくりいかない不安定な状態だったので48年だったようです。

フルトヴェングラー 1948 シューベルト 交響曲第8番「未完成」

以前、ベルリンフィルとの48年のライブを紹介しましたが、今日は復帰から3年後の’50年ウィーンフィルとのスタジオ録音をご案内します。

スポンサーリンク

フルトヴェングラー シューベルト「未完成」スタジオ録音

フランツ・シューベルト – Franz Schubert (1797-1828)
交響曲第8番 ロ短調 「未完成」 D. 759
Symphony No. 8 in B Minor, D. 759, “Unfinished”

1.(11:34) I. Allegro moderato
2.(12:17) II. Allegro con moto
total(23:51)

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 – Vienna Philharmonic Orchestra
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー – Wilhelm Furtwangler (指揮)
録音: 19-21 January 1950, Musikvereinsaal, Vienna, Austria

フルトヴェングラー正規レコード用録音集大成<限定盤>

フルトヴェングラーの「未完成」は最低5種類は残されているようですが、この1950年1月のみスタジオ録音です。しかもオーケストラがウィーン・フィルということで表現も一番大人しくスッキリした演奏になっています。

また、第一楽章の展開部で、他のライブ盤ではティンパニを追加しているのに、この盤はスコア通りということで、ライブとスタジオでは表現を変えているところが興味深いです。



音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました