メルマガ登録

フルトヴェングラー&ベルリンフィル シューマン交響曲第4番

こんにちわ、
ともやんです。

フルトヴェングラー最高の名演として評判の録音です。

フルトヴェングラー嫌いを表明している、評論家の福島章恭氏は、さすがにこの演奏だけは最高評価にしています。

そこで聴いてみましたが、やはり凄い演奏です。

なにが凄いって、ここまで彫りの深い演奏はないでしょう。

これは絶対聴きたい名盤です。

スポンサーリンク

フルトヴェングラーの名演 シューマン交響曲第4番

ロベルト・シューマン – Robert Schumann (1810-1856)
交響曲第4番 ニ短調 Op. 120
Symphony No. 4 in D Minor, Op. 120

1.(11:49) I. Ziemlich langsam – Lebhaft
2.(05:23) II. Romanze: Ziemlich langsam
3.(07:23) III. Scherzo: Lebhaft
4.(06:28) IV. Langsam – Lebhaft
total(31:03)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 – Berlin Philharmonic Orchestra
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー – Wilhelm Furtwangler (指揮)
録音: 14 May 1953, Studio Recording, Berlin

『ベルリン・フィル~名演奏集[10CD]』

『ベルリン・フィル~名演奏集[10CD]』
ベルリン・フィルによる歴史的名演を集めた激安な10枚組。F.レーマン、ベーム、シューリヒト、ヨッフム、フルトヴェングラー、クナッパーツブッシュ、
E.クライバー、チェリビダッケ、カラヤンといった名匠達による有名な演奏を収録した好企画盤です。




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました