シューマン

シューベルト

シューベルト 冬の旅 安達真理 深沢亮子

こんにちは、 ともやんです。 安達真理のヴィオラ、深沢亮子のピアノで、素敵なアルバムを聴きました。 タイトルが、『Winterreise』。 つまり冬の旅です。 シューベルトの有名な歌曲集です。 ヴィオラの温...
シューマン

朝比奈隆&札幌交響楽団 ワーグナー「ニュルンベルクのマイスタージンガー」

こんにちは、 ともやんです。 今年没後20年となる朝比奈隆さんは、札幌交響楽団の定期演奏会の指揮台に5回立ったそうです。 それが多いのか少ないのかわかりません。 当然、両方のファンからは、もっと立ってほしかったの思うのではないで...
シューマン

朝比奈隆 札幌交響楽団 初共演 1969年

こんにちは、 ともやんです。 1961年に創設された札幌交響楽団。 首都圏と大阪にしかプロのオーケストラがない時代に、初代指揮者荒谷正雄氏の尽力により札幌の地にオーケストラが設立されました。 それから8年後の1969年に当時...
シューマン

シューマン 森の情景 村上春樹と内田光子とアファナシエフと

こんにちは、 ともやんです。 村上春樹の作品と音楽の関係を語る本『村上春樹の100曲』で取り上げられている曲を聴く毎日を送っています。 さて、今日はシューマンの『森の情景』。 シューマン38歳の時の作品。全9曲の作品で構成さ...
コンヴィチュニー

村上春樹 素敵なレコード シューマン 交響曲第2番

こんにちは、 ともやんです。 6月24日に村上春樹の新刊が出ました。 タイトルは『古くて素敵なクラシック・レコードたち』が、村上春樹のファン、クラシック・ファンの間で話題となっています。 村上氏が数万枚もの自分のLPレコ...
シューマン

ジュリーニ ベートーヴェン”運命”&シューマン”ライン”

こんにちは、 ともやんです。 カルロ・マリア・ジュリーニ(1914-2005)は、1978年にロサンジェルス・フィルハーモニック(LAPO)の音楽監督に歓迎の下迎えられ、ジュリーニ自身も「創立78年の若いオーケストラ」を育成するとい...
シューマン

ミカエル・シェーンヴァント シューマン交響曲全集

こんにちは、 ともやんです。 指揮者のミカエル・シェーンヴァント(またはミハエル・シェンヴァント)は1953年コペンハーゲン生まれで今年68歳のベテラン指揮者。 ベルリン交響楽団(首席指揮者/1992-1998)、モネ劇場(首...
シューマン

ルイージ ウィーン響 シューマン交響曲全集より第1番「春」

こんにちは、 ともやんです。 ファビオ・ルイージは、1959年イタリアのジェノヴァ生まれ。4歳でピアノを始め同地のニコロ・パガニーニ音楽院で学び1978年卒業。その後パリでピアニストのチッコリーニに付いて研鑽を積みました。 オペラ...
シューマン

マリア・ジョアン・ピレシュ シューマン 子供の情景

こんにちは、 ともやんです。 シューマンのピアノ曲集「子供の情景」は大好きな曲です。 というよりもシューマンの曲では、4つの交響曲と「子供の情景」しか聴いていないというのが現状です。 別の拘ているわけではないので、多くのピアノ曲...
シューマン

フランツ・コンヴィチュニー タワーレコードベスト5

こんにちは、 ともやんです。 僕が贔屓にしている名指揮者フランツ・コンヴィチュニーのタワーレコードの売上ベスト5をご案内します。 フランツ・コンヴィチュニー(1901-1962)は、北モラヴィア(現在のチェコ)で生まれ、東ドイ...
タイトルとURLをコピーしました