僕の敬愛する音楽評論家に宇野功芳さんがいます。 中学生時代から宇野さんの評論に接し、レコードを買うときは、 宇野さんの評論を参考にしてよく購入したものです。   なんと言っても当時、中学生、高校生の僕にとっては、 LP2000円から2500円は非常に高価なものでした。   だから選びに選んで、何度も悩んで購入したものです。   そして、僕はいつか宇野さんのような クラ…

  • 人気ブログランキング

1939年9月1日、ドイツ軍はポーランドに侵攻しました。 第二次世界大戦の始まりです。   これよりヨーロッパは、戦場と化して行きます。 しかし、その中で人々は生活し、また演奏会も続けられていきます。   さて、ドイツ軍がポーランドに侵攻する約4か月半前の4月15日、 カラヤンは、初めてベルリンフィルとレコード録音をしました。   曲目は、チャイコフスキーの悲愴。 ま…

  • 人気ブログランキング

ヤッシャ・ホーレンシュタイン(1898-1973)は、 オーストリア人を母親にキエフに生まれました。   1911年に家族に連れられウィーンに転居し、 同地でフランツ・シュレーカーほかに師事して、東洋哲学、作曲を学びました。   ※ウィーン   その後、ベルリンに移ってヴィルヘルム・フルトヴェングラーの助手を務めながら、 1920年代からはウィーン交響楽団、ベルリンフ…

  • 人気ブログランキング

1944年、第二次世界大戦下、ドイツの戦況は一段と厳しいものになっていました。 しかし、だからかカラヤンが凄い演奏を残しています。 当時、まだ30歳代、半ば、戦況がどうあれ、 これが俺のベートーヴェンだとばかり、 後年では信じられないような迫力ある演奏を残しています。   そしてカラヤンにとって、州立歌劇場管弦楽団(シュターツカペレベルリン)を 指揮した生涯最後のシーズンになりました。 …

  • 人気ブログランキング

まさに尋常ならざる演奏です。 昨日に引き続き、カラヤンの歴史的な録音を取り上げます。   1953年9月8日、ヘルベルト・ファン・カラヤンは45歳。   ベルリンフィルの首席指揮者を務めるフルトヴェングラーが健在で、 彼に嫌われているカラヤンは、ベルリンフィルを振らせてはもらえない。   そんなカラヤンにチャンスが巡ってきました。 ベルリン芸術週間のなかのひとつの催し…

  • 人気ブログランキング

1938年4月8日、カラヤンは、 ベルリンフィルへのデビューを飾りました。   しかも、ベルリン州立歌劇場の指揮もするようになり、 ベルリンでの活躍が目立つようになってきました。   当初は、カラヤンの存在を気にも留めていなかった フルトヴェングラーですが、徐々に無視できない存在となってきました。   そして、カラヤンのベルリンデビューから約1年後、 フルトヴェングラ…

  • 人気ブログランキング

セルジュ・チェリビダッケ(1912-1996)ルーマニア生まれのドイツで活躍した指揮者。 戦後の混乱の中、フルトヴェングラーが指揮活動できない中、 ベルリンフィルを支えた指揮者で実質4代目常任指揮者とする意見もあります。   中学2年生の1971年から今日まで、クラシック音楽ファンとして50年近く聴いてきましたが、 恥ずかしながら、チェリビダッケの名前を知ったのは、ここ数年のことでした。…

  • 人気ブログランキング

ハンス・クナッパーツブッシュは、ドイツの名指揮者です。   1888年生まれで、1965年にミュンヘンで77歳で生涯を閉じました。   ミュンヘンやウィーンで活躍し、 第二次世界大戦後に再開されたバイロイト音楽祭を支えた指揮者でした。   リヒャルト・ワーグナーやアントン・ブルックナーの演奏で有名です。   同時代に活躍したフルトヴェングラー、クレンペラーと…

  • 人気ブログランキング

カール・シューリヒトにしろ、 フルトヴェングラーにしろ、 クナッパーツブッシュにしろ   ベートーヴェンの交響曲では、 第3番が特に気に入っていたようで、 録音も多く残されています。   今回は、シューリヒトの英雄の内 最後のベルリンフィルとの録音をご案内します。   もう1年以上前にこのブログで フランス国立菅との演奏を絶賛しましたが、 ベルリンフィルとの演奏は、そ…

  • 人気ブログランキング

ハンス・クナッパーツブッシュ(1888-1965)が 亡くなってから、50年以上経つのに、 相変わらず一度も来ることがなかった極東日本で 人気があるようです。   これはフルトヴェングラーにも言えますが、 もう50年以上(フルトヴェングラーは60年以上)前に、 この世からいなくなった指揮者。   しかも日本の土を一度も踏むことをなく、 古い録音だけで、知られてきたこの二人の指揮…

  • 人気ブログランキング

クラシック音楽のLPを始め買ったのが、 1971年中学2年生かもしかして1年生の冬だったかと思います。   初めて買ったのが、カラヤン指揮フィルハーモニア管との ベートーヴェンの運命とチャイコフスキーの悲愴でした。   そしてその2~3ヶ月後に購入したのが、 フルトヴェングラー&ウィーンフィルとのベートーヴェンの英雄でした。   そしてそれから50年近く経つのにいまだ…

  • 人気ブログランキング

ここ2週間ほどは、毎日ブルックナーを聴いています。 寝ても覚めてもブルックナー。 通勤時には携帯CDプレーヤーを持ち歩き、 家を出てから会社に着くまで、大体1曲聴き通せるのが嬉しいですね。   さて、1番から聴き始めたけど、やっと3番、4番にやってきました。   ここからが大変。   何と言っても持っているCDが俄然増えてきます。   昨日も、ディスクユニオ…

  • 人気ブログランキング
1 2 3 5




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング