ライプツィヒ

シューマン

フランツ・コンヴィチュニー タワーレコードベスト5

こんにちは、 ともやんです。 僕が贔屓にしている名指揮者フランツ・コンヴィチュニーのタワーレコードの売上ベスト5をご案内します。 フランツ・コンヴィチュニー(1901-1962)は、北モラヴィア(現在のチェコ)で生まれ...
メンデルスゾーン

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲ホ短調 初演版

ヴァイオリン協奏曲の中で僕が好きなのは、メンデルスゾーンとチャイコフスキーです。それに続くのが、J・S・バッハ。よくクラシックの三大ヴァイオリン協奏曲は、ベートーヴェン、ブラームス、メンデルスゾーンと言われますが、ベートーヴェンとブラームスは、もちろん名曲で好きですが。。。
ブルックナー

コンヴィチュニー ブルックナー交響曲選集より第8番を聴け!

コンヴィチュニー(1901-1962)は、ドイツ人だと思っていましたが、チェコ人なんです。コンヴィチュニーの出身地の北モラヴィアは、オーストリア領でしたが、第二次大戦前はチェコスロバキア共和国の一部となり、ナチスドイツに解体されドイツの保護領となり戦後再びチェコスロバキアの一部となり。。。
コンヴィチュニー

コンヴィチュニー ブルックナー交響曲選集より第5番を聴け!

第5番は、手兵のゲヴァントハウス管ということで、もっと硬質で堅固、そして完成度の高い仰ぎ見るような古風な建造物のような趣があります。この演奏からも以前からコンヴィチュニーの演奏から感じる自然さを強く訴えかけてくるのです。
コンヴィチュニー

コンヴィチュニー ブルックナー交響曲選集より第4番”ロマンティック”

朝比奈さんとコンヴィチュニーの芸風は、似ています。どちらも小細工をせずに誠実に音を積み上げていきます。だからその演奏は、お世辞にも流麗で表面的な美しさはありませんが、ゴツゴツとして素朴で、そして温もりがあります。
コンヴィチュニー

コンヴィチュニー ベートーヴェン”英雄”が凄い!

コンヴィチュニーは、東ドイツの名指揮者で、第二次世界大戦後、名門ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団を再建した立役者です。惜しまれるのはその早過ぎる死。1962年にツアー中のベオグラードで倒れて帰らぬ人なりました。残されたその録音から、堅固で力強く逞しい音楽が聴こえてきます。
シュミット=イッセルシュテット

シューベルト交響曲『ザ・グレート』 イッセルシュテットの力強い演奏で!

こんにちは、ともやんです。 そのの交響曲は、シューベルトの没後11年目、シューベルトの兄フェルディナントの手元に保管されているひと山の楽譜の中から、 ロベルト・シューマンが発見し、メンデルスゾーンがライプツィヒでみずから...
コンヴィチュニー

コンヴィチュニーのベートーヴェン名盤 東ドイツの鬼神の“エロイカ”

こんにちは。 ともやんです。 第二次大戦中に本拠地ゲヴァントハウスを空襲で失ったライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦管弦楽団の楽員たちは、戦後、会場を間借りしながら演奏会を再開していきました。 そうし...
タイトルとURLをコピーしました