シューリヒト

シューリヒト

シューリヒト&パリ音楽院管 ベートーヴェン交響曲全集 初SACD化

こんにちは。 ともやんです。 カール・シューリヒトによるベートーヴェンの交響曲の録音は、いくつもありますが、 まとまった全集というとパリ音楽院管弦楽団との全集です。 ただ、57年から58年のステレオ録音黎明期とあ...
シューリヒト

カール・シューリヒトの名盤 J・S・バッハ ブランデンブルク協奏曲

こんにちは。 ともやんです。 カール・シューリヒトが死に前年の1966年に録音した、 J・S・バッハのブランデンブルグ協奏曲は、まさに奇跡の名演です。 オーケストラはチューリッヒ・バロック・アンサンブル。...
シューリヒト

シューリヒトの名盤 ブルックナー交響曲第7番のおすすめ

もう去年ということになりましたが、 一昨日、東京文化会館に行って、 恒例の「ベートーヴェンは凄い! 第16回全交響曲連続演奏会」 を聴いてきました。 指揮者の小林研一郎氏は、 78歳にも関わらず元気な ...
シューリヒト

シューリヒトとウィーンフィルの英雄 61年ザルツブルク音楽祭にて

カール・シューリヒト(1880-1967)ドイツの名指揮者。 僕の大好きな指揮者で、聴き始めた頃は、 飄々として軽快で、味わいのある好々爺的な演奏をする人かな、 と思っていましたが、いやいや、いろんな録音を聴き...
シューリヒト

シューリヒト モーツァルト ブラームス ルツェルン音楽祭のライヴ

こんにちは。 ともやんです。 昨年2017年は、ドイツの生んだ名指揮者 カール・シューリヒトの没後50周年でした。 僕はうかつにも失念していて、 このCDと出会って、もうそんなに経つのかと知った...
シューリヒト

シューリヒトの名盤 ブラームス交響曲第4番 61年と64年の聴き比べ

シューリヒトは、ブラームスを得意としていて、 録音もいくつか残しています。 どれも名演ですが、僕は、ずっと61年のバイエルン放送響との第4番録音が大好きで、 この曲の録音というと、まずシューリヒトを思い浮かべるほどです...
シューリヒト

モーツァルトのプラハ シューリヒト&ベルリンフィルのライブは最高!

モーツァルトは、生涯41曲の交響曲を作曲したとされていて、 史上初の全集となったカールー・ベーム指揮ベルリンフィルでは その41曲が収録されています。 しかし、その後の研究でいろいろ発見があったようで、 ホグウッドの...
シューリヒト

カール・シューリヒトの名盤 戦時中のベートーヴェンの“田園”

1943年と言えば、 第二次大戦の戦況も ドイツに取っても厳しくなってきていました。 この頃より 連合国軍の大規模な ベルリン爆撃作戦が開始され、 連日のように空襲がありました。 フィルハーモニー楽堂が...
シューリヒト

シューリヒトの名盤 戦時下のベルリンフィルとの田園

ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第6番ヘ長調作品68「田園」 カール・シューリヒト指揮 ベルリン・フィルーハーモニー管弦楽団 1943年録音 カール・シューリヒトは、1880年ドイツ...
シューリヒト

シューリヒトのベートーヴェン 交響曲全集から”エロイカ”と第1番

ドイツの名指揮者カール・シューリヒト(1880-1967)の唯一のベートーヴェン全集企画です。 1957年~58年に掛けて録音で、残念ながらモノラルですが、録音は悪くありません。ただ、録音された年代からみるとステレオ録音で残されていた...
タイトルとURLをコピーしました