メルマガ登録

シャロン・カムの名盤 クラリネット作品集 至福の時

室内楽

クラリネットという楽器の音色は、なにか哀愁を感じさせます。

まろやかで温かい響きで、オーケストラの中でもなくてはならない楽器です。

 

何か子供の頃、思いっきり遊んで、夕焼けを見ながら家に帰った頃を思い出します。

 

シャロン・カムは、1971年生まれのイスラエル出身の女流クラリネット奏者。

 

僕は、イスラエルのテルアビブに仕事で数回言いましたが、エキゾチックな美人の多い街でした。

 

※テルアビブ

 

僕は、モーツァルトのクラリネット協奏曲や五重奏、ブラームスのクラリネット五重奏曲も大好きですが、こういう演奏集、作品集があると、クラリネットのいろんな表情が楽しめて素敵です。

 

シャロン・カムの演奏集は、幸せな気持ちにさせてくれる名盤です。

 

シャロン・カム(Sharon Kam)のプロフィール

イスラエル生まれのクラリネット奏者。初めリコーダー奏者として出発したが、12歳でクラリネットに転向した。母はイスラエル・フィルのヴィオラ奏者。シャロンも音楽監督のズービン・メータや名誉客演指揮者のクルト・マズアなどの熱心な支援を受けた。16歳でイスラエル・フィルと共演。ジュリアード音楽院でチャールズ・ナイディックに師事し、1992年、ミュンヘン国際音楽コンクールで優勝した。その後も、世界各地でリサイタルや主要オーケストラとの共演を果たし、若手実力派として期待されている。2012/07/30 (2018/01/29更新) (音楽出版社)

 

 




クラリネットの魅力 シャロン・カムの作品集の名演を聴け

 

ロッシーニ/チャイコフスキー/レーガー/ヴェルディ/プッチーニ:クラリネット作品集(シャロン・カム)

Clarinet Recital: Kam, Sharon – ROSSINI, G. / TCHAIKOVSKY, P.I. / REGER, M. / VERDI, G. / PUCCINI, G. (Portrait – Virtuose Klarinettenmusik)

 

『シャロン・カム(Cla)演奏集』

スポンサーリンク

【曲目】
1.(07:01)ロッシーニ:歌劇「チェネレントラ」より「悲しみと涙のうちに生まれて」(クラリネットと管弦楽版)
2.(02:05)チャイコフスキー:6つの小品Op.51より「感傷的なワルツ」(クラリネットとピアノ版)
3.(09:51)レーガー:クラリネット五重奏曲Op.146より第4楽章
4.(02:03)ヴェルディ:6つのロマンスより「星に」(クラリネットと管弦楽版)
5.(04:48)プッチーニ:歌劇「つばめ」より「甘く神聖な時」(クラリネットと管弦楽版)
6.(05:13)ブラームス:クラリネットソナタ第2番より第2楽章
7.(04:09)ヴォルフ=フェラーリ:クラリネットと室内オーケストラのための組曲より「ナポリの踊り」
8.(13:18)ブラームス:クラリネット五重奏曲Op.115より第1楽章
9.(02:06)クライスラー:シンコペーション(クラリネットとピアノ版)
10.(02:14)ミヨー:スカラムーシュOp.165bより「ブラジルの女」(クラリネットとピアノ版)
11.(09:12)モーツァルト:クラリネット五重奏曲K.581より第4楽章

 

ロッシーニ/チャイコフスキー/レーガー/ヴェルディ/プッチーニ:クラリネット作品集(シャロン・カム)

 

シャロン・カムという女流クラリネット奏者は何とも言えないしみじみとした哀愁味を感じさせる音色で大好きなんですが、こういうベストアルバムみたいなものもあるんですね。聴いてみると、選曲が多岐にわたっており上質なBGMとしても楽しめるようになっています。でも思わず聞き込んでしまう素晴しい演奏で年末に至福の一時を過ごすことができました。録音もよくお勧めです。
ナクソス・ミュージック・ライブラリーのレビューより



「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」メルマガを始めました。

クラシック音楽の関する各種情報、お得な情報をご案内します。

メルマガ名は、「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」です。

もちろん登録は無料です。

↓ ↓ ↓
メルマガ「クラシック聴かずに死ねるか」登録はこちらです

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました