メルマガ登録

仲道郁代 パーヴォ・ヤルヴィ ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」

こんにちは、
ともやんです。

2023年1月17日(火)19時開演で、仲道郁代さんのコンサートに行きます。
しかも共演が今年83才になられる巨匠コバケンこと小林研一郎さん。しかもオケがコバケンさんと深い関係にあるハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団。

プログラムは、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」とチャイコフスキーの交響曲第5番という王道の名曲プログラムです。

そして「皇帝」のソリストが、仲道郁代さんなのです。

スポンサーリンク

仲道郁代 ライフワーク ベートーヴェン ピアノ協奏曲・ソナタ全集

今回ご紹介するボックス・セットは、ベートーヴェンの生誕200年に合わせた発売されたもので、仲道郁代が2003年~2006年にかけて4年がかりで成し遂げたベートーヴェンのピアノ・ソナタ32曲・ピアノ協奏曲5曲の全曲を録音したものです。

仲道さんは、現在「ベートーヴェン没後200年」となる2027年まで10年がかりで「Road to 2027」というサントリーホール/東京文化会館での年2回のリサイタル・シリーズ、Hakujuホールで3年間6回にわたる「仲道郁代ベートーヴェンへの道 ベートーヴェン鍵盤の宇宙」を展開中です。

いやー、それにしても仲道さんは凄いです。
仲道さんが、これほどにベートーヴェンを追究している人とは知りませんでした。
彼女は、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全32曲のチクルスをなんと6回も行っていたそうです。

そのデータは、タワーレコードのオンラインページの載っていました。
以下がそうです。

(1)1998年~2001年 神戸学院大学(全8回)
(2)1998年~2001年 フィリアホール(横浜青葉台)(全8回)
(3)2002年~2006年 クボタホール(長崎市)(全11回)
(4)2002年~2006年 彩の国さいたま芸術劇場(全12回)
(5)2008年~2016年 七ヶ浜国際村(全8回)
(6)2011年~2017年 しらかわホール(全12回)

この中の2002年から2006年にかけて彩の国さいたま芸術劇場で開催された「ベートーヴェンの全32曲のピアノ・ソナタを語り、聴く会」が今回のボックス・セットに収録されています。

このプロジェクトは、作曲家の諸井誠(1930-2013)との対談と演奏とで構成されたレクチャー・コンサートでした。このコンサートと並行してRCAによるソナタ全32曲のレコーディングが行なわれました。

諸井誠氏は、ベートーヴェンの碩学として知られて人で、このイベントの開催と録音により仲道さんのベートーヴェン弾きというステータスは、ぐっと上がりました。

この全集は、これから心して聴いていきたいと思っています。

スポンサーリンク

仲道郁代 パーヴォ・ヤルヴィ ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン – Ludwig van Beethoven (1770-1827)
ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 「皇帝」 Op. 73
Piano Concerto No. 5 in E-Flat Major, Op. 73, “Emperor”

1.(19:46) I. Allegro
2.(07:52) II. Adagio un poco moto –
3.(10:38) III. Rondo: Allegro
total(38:16)

仲道郁代 – Nakamichi Ikuyo (ピアノ)
ブレーメン・ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団 – Bremen Deutsche Kammerphilharmonie
パーヴォ・ヤルヴィ – Paavo Jarvi (指揮)
録音:2004年6月14日~16日、ドイツ、バート・キッシンゲン、レーゲンテンバウ、グロッサー・ザール

仲道郁代ベートーヴェン集成 ピアノ・ソナタ&協奏曲全集 [12Blu-spec CD2+3SACD Hybrid+2DVD]

協奏曲は、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンとの共演で、2004年と2006年に録音されました。

エストニア出身で現在はNHK交響楽団の首席指揮者を務めるパーヴォ・ヤルヴィと、作曲当時の演奏様式を考慮し、モダン楽器ながら部分的にピリオド楽器やスタイルを取り入れた室内オーケストラの雄としてしられるドイツ・カンマーフィルという、「21世紀のベートーヴェン」を具現化した名コンビがこれまで録音として残した唯一のベートーヴェンのピアノ協奏曲が、この仲道とのチクルスです。

全5曲のほか、協奏曲第2番の終楽章として想定されていた秘曲「ロンドニ長調」も収録しています。



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました