メルマガ登録

ヨーゼフ・マルティン・クラウスを聴け!

こんにちは、
ともやんです。

僕が敬愛するアリアCD店主松本大輔氏の本で、『このNAXOSを聴け!』があります。これは、クラシック音楽のレーベルナクソスの膨大なコレクションから、松本氏が自身で聴いて感動したCDを紹介した本です。

読み応え充分、また結局紹介されたCDは買うので、聴きごたえも充分な本です。
この本のおかげで、クラシック音楽の楽しみ方も幅広くなりました。

松本さん、ありがとうございます。

さて、最初に紹介されるのが、ヨーゼフ・マルティン・クラウス(1756-1792)。
ドイツの作曲家で、スウェーデンで活躍した人で、生年を見てわかる人はわかりますが、モーツァルトと同い年で、しかもモーツァルトの亡くなった翌年、後を追うようにあの世に召されています。

ナクソスから、クラウスの交響曲集1から4が出ていますが、これが素晴らしい!
ハイドンの疾風怒濤期、モーツァルトの初期の傑作交響曲第25番を彷彿とさせる、いやそれ以上の心を掻き立ててくれる作品なのです。

本によると、ヨーゼフ・マルティン・クラウスは、ドイツ生まれながら、スウェーデンで活躍した人。それは、18世紀のヨーロッパの名君であるスウェーデン王国グスタフ3世に見出され、重用され、のびのびと音楽的才能を発揮することが出来たのです。

グスタフ3世は、当時貴族が握っていた国政の権力をクーデターによって奪取、ロシアやデンマークとの戦争で勝利を収め、ヨーロッパで確固たる名声を手に入れました。

また同時に拷問の廃止、言論の自由、社会福祉も務め、芸術や文化への理解と愛情が深く、ヨーロッパ各国の芸術家、文化人をスウェーデンに集めて、優れた文化の浸透に尽力したのです。

その中の音楽分野の最高幹部が、ヨーゼフ・マルティン・クラウスだったわけです。

しかし、グスタフ3世の改革を目の敵にした勢力もあり、道半ばで、46歳で凶弾に倒れたのです。そしてクラウスも悲嘆にくれ、グスタフ3世の死に「葬送交響曲」(第3集に収録)を捧げ、数ヵ月後に後を追うように病死しました。享年36歳。

まさに人生を人生を駆け抜けるように生きたヨーゼフ・マルティン・クラウスの曲をぜひ聴いてください。

スポンサーリンク

ヨーゼフ・マルティン・クラウス 交響曲集1-4

『クラウス: 交響曲全集 第1集』
クラウスのCDはタワーレコードオンラインで 『クラウス: 交響曲全集 第1集』

【曲目】
オリンピア序曲
交響曲 変ホ長調
交響曲 ハ長調
交響曲 ハ短調

【演奏】
ペッター・スンドクヴィスト(指揮)、スウェーデン室内管弦楽団

クラウスのCDはタワーレコードオンラインで

『クラウス: 交響曲全集 第2集』
クラウスのCDはタワーレコードオンラインで 『クラウス: 交響曲全集 第2集』

【曲目】
交響曲 ハ長調 「ヴァイオリン・オブリガート」 VB138
交響曲 イ長調 VB128
交響曲 シンフォニア・ブッファ VB129
交響曲 ヘ長調 VB130

【演奏】
ペッター・スンドクヴィスト(指揮)、スウェーデン室内管弦楽団、ウルバン・スヴェンソン(vn)

クラウスのCDはタワーレコードオンラインで

『クラウス: 交響曲全集 第3集』
クラウスのCDはタワーレコードオンラインで 『クラウス: 交響曲全集 第3集』

【曲目】
交響曲 嬰ハ短調 VB140
交響曲 ハ短調 VB148 「葬送交響曲」
序曲 ニ短調 VB147
交響曲 ホ短調 VB141

【演奏】
ペッター・スンドクヴィスト(指揮)、スウェーデン室内管弦楽団

クラウスのCDはタワーレコードオンラインで

『クラウス: 交響曲全集 第4集』
クラウスのCDはタワーレコードオンラインで 『クラウス: 交響曲全集 第4集』

【曲目】
教会のためのシンフォニア
交響曲 ヘ長調 VB145
交響曲 ニ長調 VB143
交響曲 変ホ長調 VB144~ラルゲット(第2のヴァージョン)
議会行進曲

【演奏】
ペッター・スンドクヴィスト(指揮)、スウェーデン室内管弦楽団

【録音】
2000年5月 スウェーデン,オーレブロー,オーレブロー・コンサート・ホール

クラウスのCDはタワーレコードオンラインで



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました