こんにちは。 ともやんです。   先週から、ヴァント&北ドイツ放送響(現:NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団)のベートーヴェン交響曲全集を聴き進めています。 第1番から第8番まで聴き進みました。   今日は、第7番、第8番についてコメントします。   “「第7」「第8」も、素晴らしい。雪解けの奔流のような勢いと清冽さがあり、一切の夾雑物なしにスコアの秘密が解き明かさ…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   もう50年以上前の録音ながら、この曲最高の名盤と聞いていたが、今まで聴く機会がなかった。 今回、ようやく聴くことが出来た。   やはり噂に違わぬ名演です。   ロストロポーヴィチの卓越したテクニックと逞しい響き、そしてカラヤン&ベルリンフィルの伴奏も見事で、やはりこれは永遠の名盤と言えるものです。   ドヴォルザーク チェロ…

  • 人気ブログランキング

アントニン・ドヴォルザークは、 1841年9月8日、ボヘミアの寒村ネラホゼベスに生まれました。   今から177年前のことです。   家は旅館を経営していましたが、 幼少時から楽才を発揮し、 小学校の教師にヴァイオリンと唱歌の手ほどきを受け、 プラハにでて、16歳でオルガン学校に入学しました。   スメタナの感化を受け、器楽に対する研鑽を積み、 32歳の時、愛国的題材…

  • 人気ブログランキング

ヨーゼフ・クリップスの名盤   ヨハネス・ブラームス(1833-1897) 交響曲第1番 ハ短調 作品68 Ⅰ:Un poco sostenuto-Allegro-Meno allegro 12:43 Ⅱ:Andante sostenuto 09:26 Ⅲ:Un poco allegretto e grazioso 04:50 Ⅳ:Adagio-Piu andante-Allegro n…

  • 人気ブログランキング

フルトヴェングラーは、第二次大戦後、ナチに協力した疑いで、 それが晴れるまで演奏活動を禁止されていました。   紆余曲折の末、なんとか2年後の47年5月に復帰コンサートを開催して、 ベルリンに戻ってきました。   戦後直後から、フルトヴェングラー不在の間、 ベルリンフィルを守ってきたチェリビダッケとの2頭体制となりました。   ただ、ここで三者の思惑が交錯して、 なか…

  • 人気ブログランキング

ヨハネス・ブラームス – Johannes Brahms (1833-1897) 交響曲第1番 ハ短調 Op. 68 Symphony No. 1 in C Minor, Op. 68   ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 – Vienna Philharmonic Orchestra カルロ・マリア・ジュリーニ – Carlo Maria Giulini (指揮) 録音1991年4月…

  • 人気ブログランキング

初めてサイモン・ラトルを聴いたのは、もう20年以上前でしょうか、まだラトル30代の頃で、バーミンガム市響とのブラームスのピアノ四重奏曲のオーケストラ版でした。   その表現力の素晴らしさと僕と同世代ということで、今後の活躍を楽しみにしていました。   だからこのベートーヴェンはかなり期待して聴いたのですが、聴き終わって残念でなりませんでした。     【曲目…

  • 人気ブログランキング




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村