ガーシュウィン

ガーシュウィン 命日に聴く ピアノ協奏曲ヘ調の名盤

まいどはや、 ともやんです。 今日は、昨日7月11日が命日だったジョージ・ガーシュウィンを偲んで、彼のピアノ協奏曲へ調を紹介します。 この作品は、ジャズとクラシックの融合が見事に実現された名曲です。 ガーシュウィンのピアノとオーケストラの作...
声楽曲

田中彩子 プレイ コロラトゥーラ

まいどはや、 ともやんです。 最近の僕の推しは、ソプラノ歌手田中彩子さんです。 5年前に初めてTBSラジオ安住紳一郎の日曜天国にゲストとして出演。 そのぶっとんだ人柄にぐっと心を掴まれました。 毎日田中さんのアルバムを聴きながら、その肝の座...
作曲家

田中彩子 ベンセクリ コロラトゥーラ・ソプラノとオーケストラのための連作歌曲

まいどはや、 ともやんです。 ソプラノ歌手の田中彩子さんを知ったのは、約5年前、TBSラジオの安住紳一郎の日曜天国いゲストに出演されていた番組を聴いてあっという間にファンになりました。 ↑ その時聴いた番組はyoutubeで配信されています...
J.S.バッハ

リナ・トゥール・ボネ&ムジカ・アルケミカ J.S.バッハ ヴァイオリン協奏曲集

まいどはや、 ともやんです。 J.S.バッハのヴァイオリン協奏曲が好きです。今からもう30年数年ほど前でしょうか?まだ独身だった僕は、夏休みに神戸の友人を訪ね、その足で日本海側に出て、レンタカーで山陰地方の巡ったのです。 特に高校生時代から...
作曲家

久石譲 イン・ウィーンを聴いた

まいどはや、 ともやんです。 久石譲さんが昨年ウィーンの楽友協会とコンツェルトハウスのホールで自作を指揮した録音を聴きました。 オーケストラはウィーン交響楽団。 音楽家としてひとつの頂点を得た感じではないか、と思っちゃいました。 久石譲さん...
ブラームス

諏訪内晶子 ブラームス ヴァイオリン・ソナタ全集

まいどはや、 ともやんです。 諏訪内晶子さんが、2年ぶりに新譜を出しました。 前回は、J.S.バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ&パルティータ全曲という大作。 今回もブラームスのヴァイオリン・ソナタ全3曲と大作の録音が続いています。 大作続き...
ブラームス

ベイヌム 名盤 ブラームス 交響曲第1番 1951が凄い!

まいどはや、 ともやんです。 ブラームスの交響曲第1番の名盤というと以前は、必ずと言っていいほどベイヌムの録音が挙げられていました。 ベイヌム自身、ブラームスを得意としていたようで、交響曲第1番も僕の知る限り、1947年、51年、58年の3...
ブラームス

エドゥアルト・ファン・ベイヌム ブラームス交響曲第1番 1947

まいどはや、 ともやんです。 エドゥアルト・ファン・ベイヌム - Eduard van Beinum (1900-1959) その名前はかなり前から知っていました。ただ50年代に亡くなっていたこともあり、その名演の録音にあまり接することはあ...
チェリビダッケ

チェリビダッケ フランク 交響曲 ニ短調

まいどはや、 ともやんです。 僕の手帳には、セルジュ・チェリビダッケ(1912-1996)の誕生日は、6月28日ルーマニア生まれと記しています。 しかし、今日念のため調べてみると7月11日生まれのようです。もっとも6月28日生まれというのも...
カラヤン

カラヤン 名盤 歌劇カルメン

まいどはや、 ともやんです。 今年10月に横浜みなとみらいホールで歌劇カルメン(コンサート形式)を合唱団の一員として歌うことになりました。 カルメンなんてつまんないと言って一旦離脱したのですが、4ヵ月ぶりに復帰。いま必死に音取りとフランス語...
作曲家

ヴォーカル・アンサンブル カペラ ジョスカン・デ・プレ ミサ曲全集1

まいどはや、 ともやんです。 ヴォーカル・アンサンブル カペラによる、15世紀の作曲家ジョスカン・デ・プレのミサ曲全集がいいです。 ヴォーカル・アンサンブル カペラは、ルネサンス音楽を専門とする日本の声楽アンサンブル。 1997年に花井哲郎...
マーラー

佐渡裕 マーラー 交響曲第1番「巨人」花の章付き

まいどはや、 ともやんです。 8日間のオーストリア・ツアーから帰ってきたのが、6月5日(水)未明。 それからもう2週間以上経ったのに、どうも本調子ではないように感じます。 最初の1週間は時差ぼけもあったかもしれません。 オーストリア現地でも...