メルマガ登録

クナッパーツブッシュ ブラームス交響曲第4番 巨大すぎるスケール

クナッパーツブッシュ

こんにちは。
ともやんです。

ヨハネス・ブラームス(1833-1897)
交響曲第4番 ホ短調 作品98

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮
ケルン放送交響楽団
1953年ライヴ録音
↓ ↓ ↓
クナッパーツブッシュ渾身のブラームスの4番

ブラームスの4番というと彼の最後の交響曲ということと、第1楽章のセンチメンタルな主題から、ブラームスの4つの交響曲の中でも特に内省的なイメージがあります。

そのためか哀愁を帯びた演奏も多いような気がしますが、完成したのが、1885年とブラームスはまだ50代前半の時期。

第1番を発表してから、10年も経っていない時です。

だから枯淡の境地的な演奏よりも実もあり花もある色気のある男性的な演奏もあってもいいと思います。

クナッパーツブッシュ&ケルン放送響のライブ盤は、女々しいブラームスなんてぶっ飛ばせと言わんばかりの豪快にして痛快な演奏です。

しかもクナッパーツブッシュの表現は、豪快一辺倒だけではなく、情感的に聴かせる部分では、心を鷲づかみされるような感動も与えてくれます。

ワルター&コロンビア響の澄み切った名演とは対局をなす凄みのある名演で、これはライブ録音ですが、こんな演奏を聴くことが出来た当時の人たちはいまから思うとつくづく幸せだったと思います。

スポンサーリンク

クナッパーツブッシュ ブラームス交響曲第4番ホ短調

ヨハネス・ブラームス – Johannes Brahms (1833-1897)
交響曲第4番 ホ短調 Op. 98
Symphony No. 4 in E Minor, Op. 98

ケルン放送交響楽団 – Cologne Radio Symphony Orchestra
ハンス・クナッパーツブッシュ – Hans Knappertsbusch (指揮)
録音: 08 May 1953, Westdeutscher Rundfunk, Cologne, Germany

1.(12:51) I. Allegro non troppo
2.(11:41) II. Andante moderato
3.(06:30) III. Allegro giocoso – Poco meno presto
4.(09:53) IV. Allegro energico e passionato – Più allegro
total(40:55)

クナッパーツブッシュ渾身のブラームスの4番

正規盤発売!!! クナッパーツブッシュ渾身のブラームスの4番!
海賊盤で伝説となっていたクナッパーツブッシュの録音がついに正規盤で登場。1953年5月8日の公演のライヴ録音です。クナッパーツブッシュのブラームスでは、第3交響曲が有名で録音も多数残されていますが、第4交響曲はわずかに2種が残るだけ。このケルンでの演奏は、クナッパーツブッシュの指揮した交響曲の中でも最も豪演として名高いもの。ブラームスを完全にワーグナーの同時代人として捉え切った深いロマンティシズムに彩られた演奏です。ジークフリート牧歌は、過去に発売されたCDもわずかな珍しい音源。こちらはリラックスムードの中に豊かな喜びが繰り広げられています。どちらもWDRの蔵出し音源を使用、音の鮮度も上がりました。 [コメント提供;キングインターナショナル]

 




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました