ブラームス

ブラームス

フルシャ バンベルク響 ブラームス交響曲第4番

こんにちは、 ともやんです。 僕の大好きなYoutubeチャンネルの名探偵アマデウスがあります。 2008年から12年に掛けて4年間、NHKで放送されていた番組です。 その第2回目が、ブラームスの交響曲第4番でした。 第1楽章のメロディーが...
ブラームス

ロベルト・フックス ヴァイオリン・ソナタ第1~第3番

こんにちは、 ともやんです。 ブログの読者の方から、ロベルト・フックスのヴァイオリン・ソナタがおすすめです、というご意見を頂いた。 こういう時は、早速聴いてみるのが僕のスタンス。 で、どうだったか? 素晴らしかった。
グリーグ

小林美樹 フランス・ヴァイオリン作品集と横濱音楽物語

こんにちは、 ともやんです。 先日、横浜の青葉台にあるフィリアホールで素敵なコンサートが開催されました。 僕は友人のすすめもあり行ってきました。 事前にチラシなどはあまりしっかり見ていなかったこともあり、そんなに期待して行った訳ではありませ...
ブラームス

バルビローリ 名盤 ブラームス 交響曲第1番

こんにちは、 ともやんです。 ジョン・バルビローリ。1899年12月2日にイタリア人の父、フランス人の母との間に生まれました。 そして1970年7月29日死去。70歳でした。 今日は没後53年目の命日です。 実は、その死は特に日本のファンに...
グリモー

エレーヌ・グリモー リフレクションとニュー・アルバム

こんにちは、 ともやんです。 ロベルト・シューマン(1810-1856)、クララ・シューマン(1819-1896)、ヨハネス・ブラームス(1833-1897)この3人の関係を中心に選曲、演奏した興味深いアルバムです。 シューマンは、年齢的に...
ブラームス

ギレリス&ヨッフム ブラームス ピアノ協奏曲集

こんにちは、 ともやんです。 『未来のレトロ』ドイツ・グラモフォンからオーディオ・ファンのための新しいLPシリーズ。 エミール・ベルリナー・スタジオスが、最先端のピュア・アナログ技術を駆使して、オリジナルの1/2インチ4トラック・テープから...
ブラームス

ブラームス 最後のピアノ作品集

こんにちは、 ともやんです。 909回目のメルマガです。 今年が、ブラームス生誕190年の年。つまり10年の2033年が生誕200年。 そこまで行くと僕も生きてるかどうか分からないので、今年はどんどんブラームスの名曲と名盤をご案内していきま...
ブラームス

児玉麻里 新しい道 ブラームスとシューマン夫妻の出会い

こんにちは、 ともやんです。 ピアニストの児玉麻里さんは、指揮者のケント・ナガノ氏の夫人です。 ケント氏とはベートーヴェンのピアノ協奏曲で共演して録音も残しています。 ケント氏も素晴らしい音楽家ですが、個人的には麻里さんはそれ以上に音楽家で...
ブラームス

ブラームス 名盤 Amabile 三好孝市&鬼頭久美子

こんにちは、 ともやんです。 ブラームスの生誕190年ということで、引き続き彼の楽曲とそれを録音したアルバムを聴き進めています。 ブラームスは、20代の時にアガーテ・フォン・ジーボルトという2歳年下の大学教授の娘と婚約までしていますし、その...
ブラームス

ラルス・フォークト 名盤 ブラームス ピアノ五重奏曲

こんにちは、 ともやんです。 2021年8月からヴァイオリン教室に通っています。それまで全く触れたこともなかったのに63歳10ヶ月で60年遅れで始めたって感じです。 もちろんだれでも3歳、4歳から始めるわけではなく、大学生になってから始める...
ブラームス

ブラームス クラリネット五重奏曲 名盤

こんにちは、 ともやんです。 はい、ブラームス好きの僕としては、しつこく生誕190年を記念してブラームス関連の記事を連日書いています。 さて今日は傑作中の傑作。クラリネット五重奏曲。 ブラームスが苦手な人も、モーツァルトのクラリネット五重奏...
ブラームス

ブラームス クラリネット三重奏曲 名盤 磯部周平

こんにちは、 ともやんです。 今年はヨハネス・ブラームス(1833-1897)の生誕190年の年。 この歳ばかりと連日ブラームスの作品を聴いています。 ブラームスの作品は渋く華やか曲は少なく、深沈としてセンチメンタルなものが多いです。それは...